絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

1 件中 1 - 1 件表示
カバー画像

【産後パパ育休制度】対応により会社の将来性がわかる!

こんにちは。2022年は働く人にとって新たな制度がいくつかスタートします。 その中の一つに「産後パパ育休制度」があります。2022年10月から施行される、男性版産休制度とも呼べるものです。お子さんが生まれた後、男性が最大4週間休業を取得できるようになります。職場への影響も大きいので、企業の対応はどうなるでしょうか。今回は産後パパ育休制度の内容と、企業へ与える影響について解説します。産後パパ育休制度とは?まずは、産後パパ育休制度の内容について解説します。・取得できる期間:子供の出生後8週間以内に4週間まで・分割できる回数:2回に分割して取得可能・申し出時期:取得の2週間前までに申し出を行うことが必要・休業中の業務:本人が希望すれば休業期間中に働くことが可能・どれくらい働けるか:休業期間中の所定労働時間の半分まで・通常の育休との関連性:通常の育休とは別に取得。産後パパ育休新設に合わせ、通常の育休も2回まで分割取得できるようになる新生児の育児は本当に大変ですよね。産後パパ育休が活用されることで女性の負担が軽減されるのはとても良いことですし、男性も育児経験をすることで子育てへの見方が変わり、仕事にも良い影響があるように思います。企業はどう対応するのか?企業はこの制度へどう対応するでしょうか。日本は少子化による人口減少へ突っ走っています。子供を増やしていくには男性の育児参加が必要ですし、社会的にも既に常識ですよね。しかしながら、長期で休まれてしまうと現場が回らないという理由で取得を推奨しない企業も現実にはあるでしょう。その場合に考えられるデメリットは3つあります。男性育休の取得率が低い
0
1 件中 1 - 1
有料ブログの投稿方法はこちら