絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

「夏が来れば思い出す・・・」

「夏が来れば思い出す・・・」に続くのは「尾瀬」 確かに「尾瀬」も素晴らしいし大好きだ。 でも、私にとっては、 「夏が来れば思い出す・・・」に続くのは どうしても「北海道」になってしまう。 北海道へは数回 訪れているけれど、 何と言っても、初めて北海道の地を踏んだ時の 鮮烈な感動を今も忘れることはできない。 そう、あれは1954年の8月だった。 なぜ、それほどはっきりと年号を覚えているのかといえば、 それは、洞爺丸が、遭難する1か月ほど前のことだったからだ。 私たち女性3人が乗った洞爺丸は美しかった。 それより、更に1月ほど前に昭和天皇の北海道ご訪問があり、 その為に、化粧を施された洞爺丸は、 白く、気高く、北の海に浮かぶ白亜の城のようだった。 「汽車は3等でも良いけれど、船だけは2等にしなさい」と 先輩からのすすめの通りに2等船室での4時間も快適なものだった。 そして、降り立った北海道の地。 そこではすべてが違っていた。 初めて味わう空気のおいしさ。 空の色 雲の色 陽の光 木々の青さ それまでにも、 尾瀬へ行ったこともある 燕岳に登ったこともある 毎日のように千葉の海で泳いだこともある 湘南の海であそんだこともある。 岡山へ行ったこともある 箱根にも熱海や伊豆にも行ったことがある 山中湖へ行ったこともある天の橋立へいったこともあるスキーで蔵王へ行ったこともあるしかし、それらのいずれとも大きく異なっていた。 まったく異質のものに感じられた。 そして、汽車で走れども走れども地平線の果てまで続く平原 これが、日本だとは信じられなかった。 私は完璧に北海道に魅了されてしまった。 まだ
0
カバー画像

尾瀬

春が来れば思い出す遥かな尾瀬 遠い空 近い空?
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら