絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

退職金で繰り上げ返済はした方が良いのか?

35年の住宅ローンを借りる場合、30歳で家を建てなければ退職後も住宅ローン支払いの心配をしなければなりません。35歳の時に家を買えば5年分、40歳の時に家を買えば10年分のローン支払いをどうするか、考える必要があります。 方法はいくつかあります。 ・退職金で一括返済 ・退職金は取り崩さず、ローン支払いを続ける ・ローン支払いが続く間は働く 等々、他にも考えられることはあります。このうち、3番目のローン支払いが続く間は働くという選択肢は、出来る限り考えておかない方が良いです。 その理由は、第一に退職時に健康である保証がありません。また、65歳になると、今までの職場は退職しなければならない場合もあると思います。一から新しい仕事をすることは、気持ちの面でもハードルが高いかも知れません。 プランとしては、 ①退職金で一括返済する方法 ②一括返済せずにローン支払いを続ける方法 どちらかが候補としてあがります。 では、35歳、40歳で35年の住宅ローンを借りた場合、繰り上げ返済した場合としなかった場合、どのくらいの差があるのかをシミュレーションしてみました。 こちらが比較表になります。4500万円、5000万円、5500万円で住宅ローンを借りた場合をシミュレーションしました。金利は0.825%で計算しております。当然、繰り上げ返済を行った方がメリットは高くなります。ただし、700万円以上の繰り上げ返済を躊躇せずに出来るかは別問題です。確かに退職金が入ったとしても、これだけ大きな金額を一括で支払うのは勇気が必要です。 では、年金額はどれくらいになるのでしょうか?これはあくまで一般的な例となり
0
カバー画像

30年住宅ローンを21年で繰り上げ完済完了(^^)

まぁ、重いローンを背負っていたのは配偶者である夫なのですが(笑)。昨日、管轄法務局にて抵当権抹消登記(2回目)の本人申請をしてもらいました。登記を司法書士さんにお願いすると、2~3万円かかるらしいですが、本人申請ですと、土地と建物2つで登録免許税2000円分のみ支払えばOKです。申請書の下書き作成は、花きゃべつがネット検索して学び、行いましたので、経費ゼロ円です。良い時代になりましたね~、多少のことはゼロ円で検索できます。かなりの節約になりました(^^)。2番抵当権を先に抹消していたので、今回は1番抵当権抹消ですが、2回目の経験でした。(ちなみに、法務局では、電話予約すれば、申請の相談にも乗ってもらえるようです・・・費用がかかるかどうかは不明ですので調べてみてください)あと、もちろんのことですが、難しい登記はもちろん司法書士さん(プロ)にお願いするのがベストです。有料ブログ記事にしても良かったかもしれませんが(手続きは済んでいます)、まぁただの体験談ですので、500円取るのはしのびないです。文章力もありませんし。下記にだいたいの経緯を書いておきます。これから不動産購入を考えている方は、ちょっとした参考にしてくださいませ。紛れもない実話です(^^)。配偶者は、30代後半時に、約3500万円の住宅ローンを組みました。購入時には、住宅減税が15年分(年末のローン残高に応じて一定の割合金額を税金額から控除してもらえる制度)がある時期でした。頭金は、もちろん住宅購入金額の2割未満に抑えました。(ここは本当に大切です)(頭金と諸費用を支払った後にカツカツの生活を覚悟するみたいな不動産購入に
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら