絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

【文献紹介#39】肺がんの早期診断(レビュー)

こんにちはJunonです。 今月公開されたレビュー論文(英語)の中から興味のあったものを一つ紹介します。 出典 タイトル:Early diagnosis of lung cancer: which is the optimal choice? 著者:Jing Ning, Tao Ge, Minlin Jiang, Keyi Jia , 他 雑誌:Aging (Albany NY). 論文公開日:2021年 2月11日 どんな内容の論文か? 肺がん患者の予後は患者毎に大きく異なる。IA期では5年生存率が90%を超えることもあるが、IV期では10%以下になることもある。そのため、肺がん患者にとって早期診断は非常に重要である。本研究では、早期肺癌の画像スクリーニング、気管支鏡検査、リキッドバイオプシーなどの様々な診断法と、揮発性有機化合物、自己抗体に着目し、早期診断率の向上と、実現可能で効果的な早期診断戦略を探ることを目的としている。 背景と結論 肺がんの罹患率と死亡率は世界的にも高い。肺がん患者の多くは、進行期に診断されている。その理由は、肺がん患者の多くは初期には明らかな特異的症状がなく、確定診断されたときには多くの患者が進行期にあるからである。統計によると、肺がんの予後は臨床病期と密接に関連しており、早期診断が患者の予後を直接改善できることが示されている。したがって、肺がんの早期診断率と予後を向上させるためには、効果的な診断法とスクリーニング法の選択が非常に重要である。 ・肺がんの画像検査と検診 胸部レントゲン 現在、肺内病変や小さな病変の検出が困難なため、胸部X線によ
0
カバー画像

【文献紹介#15】NSCLC細胞とHUVECとの相互作用を介したHYOU1の発現が、スフェロイド腫瘍におけるがんの進行と化学抵抗性を制御する

こんにちはJunonです。 本日公開された研究論文(英語)の中から興味のあったものを一つ紹介します。 出典 タイトル:Expression of HYOU1 via Reciprocal Crosstalk between NSCLC Cells and HUVECs Control Cancer Progression and Chemoresistance in Tumor Spheroids 著者:Minji Lee, Yeonhwa Song, Inhee Choi, Su-Yeon Lee, Sanghwa Kim, Se-Hyuk Kim, Jiho Kim, Haeng Ran Seo 雑誌:Mol Cells . 論文公開日:2021年1月31日 どんな内容の論文か? 「肺がんは、全てのがんの中でも罹患率と死亡率が両方とも上位に位置しています。肺がん細胞と腫瘍微小環境(TME)との間のクロストークは、肺がんの病態において重要なものであり、抗がん剤治療のターゲットとなっています。これまでに、肺がん細胞と内皮細胞(EC)の間のクロストークが、多細胞性腫瘍スフェロイド(MCTS)において化学抵抗性を誘導することが明らかにされてきました。本研究では、肺がんスフェロイドにおける化学抵抗性の発現には、肺がん細胞と内皮細胞とのクロストークに応答して分泌される因子が重要な役割を果たしていることを明らかになりました。その結果、肺がんスフェロイドにおけるHYOU1の発現は、ECと肺がん細胞間のクロストークに応答して分泌される因子によって増加することを明らかにしました。肺がん細胞
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら