【今の基準に満足できなくなる歩み】

記事
学び

日常的スピリチュアル、安田です。


成長欲求が強くなると
今の基準では満足できなくなり
より基準を上げる歩みが
できるようになります。

基準を上げる歩みというのは
気合、根性、意志の力で
上げようとするのではなく

成長欲求が原動力であり
成長欲求をより満たすために
基準を上げたくなるのです。

高い基準を目指したくなり
チャレンジしたくなり
新しい刺激を求めるようになります。

人の欲求というのは
切りがなく、上限がないのです。

ただ、欲求の方向を
間違ってしまうと
欲求によって
破壊をもたらしてしまいます。

欲求には、物理的な欲求と
精神的な欲求があるのですが
物理的な欲求には限度、限界があり
精神的な欲求には上限がありません。

物理的な欲求というのは
過分には必要ないのです。

過分に満たそうとすればするほど
空しくなってしまい
欲求ゆえに行き詰まりを
感じるようになります。

成熟した時代、環境には
物理的な欲求よりも
精神的な欲求が必要であり

精神的な欲求を満たすことで
根底からの充実感を
感じることができます。

そして、より基準を上げる歩み
努力ができるようになります。

成熟した時代、環境に
行き詰まりを感じるのは
精神的な欲求が
満たされていないからなのです。

何を求めているのかを
悟ることができないことで
行き詰まりを感じています。

時代、環境が変化すれば
人の心理も変化し
求めることが変化していくのです。

成熟していない時代は
成熟を目指すことができたのですが

成熟した時代では
成熟を目指しようがないので
基準高く歩むことを
目指すようになるのです。

環境の変化によって
欲求が変化するというのは
ごく自然なことなのですが

欲求がどう変化しているのかを
悟れている人は少ないのです。

結論的には成長欲求を
求めているのですが

成長欲求を求めていることを
悟れている人は少ないので
努力ができない、続けられないのです。

成長欲求は努力をしなければ
満たせないので
努力をしたくない人は
何も満たされないのです。

努力することに目覚めた人は
今の基準では満足ができなくなり
より高い基準を目指すようになります。

高い基準というのは
他の人、周りの人と比べての
基準ではなく

過去の自分の基準よりも
高い基準を目指すということです。

高い基準を目指すことで
成長欲求を満たす
好循環ができます。

ただ、基準というのは
無限に上げ続けることはできません。

時間、空間の制限があり
身体的にも限度、限界があるので
無限に基準を上げ続けることは
できないのです。

現実的にも
常に気を張りながら
限界まで挑戦することは
できないということです。

歩み、努力には
メリハリが必要であり
集中できるときは
集中していくのですが

何もしないときは
本当に何もしないという
極端さが必要になります。

基準というのは
一気に上げることはできません。

地道な歩み、努力を
積み重ねていくことで
自己ペースで基準を
上げることができ

無理なく歩み続けることが
できるようになります。

歩む基準を上げることで
より大きなことを目指すことができ

大きなことを目指すことによって
広い視野、高い視点から
見ることができるようになり

高い基準からの
成長欲求を満たすことが
できるようになります。


今回も読んで頂きましてありがとうございました。

安田 悌
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す