【宇宙に委ねる意識】

記事
学び

日常的スピリチュアル、安田です。


「宇宙に委ねる」というと
漠然としているのですが
私たちは宇宙空間の中で
歩んでいるのです。

どんな環境で歩んでいても
宇宙空間の中での環境であり
その空間からは
逃れることはできないのです。

宇宙に委ねるというのは
宇宙に任せるということであり
現実的には、なるようにしか
ならないということです。

委ねるというのは
結果を委ねるのであって
何の努力もしないで
委ねるのではありません。

最善を尽くし
投入する歩みをして
真空状態をつくることで
委ねることができます。

宇宙の法則
原理原則というのは
非常にシンプルなのですが

法則、原則の通りに歩んでも
思うような、願うような結果が
与えられるとは限らないのです。

原因をつくることはできても
結果のコントロールは
できないのです。

コントロールができないことを
コントロールしようとすると
苦しくなってしまい

原因をつくることに
集中できなくなり
投入できなくなります。

結果を委ねるというのは
「どっちでもいい」ということです。

実っても、実らなくても
どっちでもいいので
やるべきことを
続けることができるのです。

委ねる歩みができると
原因をつくることに
集中することができ
投入することができます。

どんな時代になっても
法則、原則は変わらないので
私たちの歩みも変わりません。

投入する歩みができれば
真空状態ができ
真空は自然に埋まるように
なっています。

ただ、いつどのように
真空が埋まるのかは
分かりようがないのです。

分かりようがないことを
無理に考えても
消耗するだけなのです。

結果というのは
与えられることなのですが
私たちの都合に合わせて
与えられるのではなく

霊的世界の都合に合わせて
与えられることなのです。

すぐに結果が実る人は
タイミングよく霊的世界と
都合が一致していたということです。

結果は霊的世界からの
協助によって、導かれて
与えられることなので
委ねていくしかないのです。

宇宙に委ねるには
委ねる意識が必要なのですが

委ねる意識が
「どっちでもいい」という
意識なのです。

私たちの歩み、努力は
結果に関係なく
続けていくことなので

結果に左右されては
いけないのです。

それこそ
大きな結果が実ったとしても
今までの歩み、努力の基準を
下げてはいけないのです。

基準というのは
成長の度合いに合わせて
上げていくことなので
下がることはありません。

結果に左右されない人は
気が抜けるような環境
状況になったとしても
変わらずに歩めるのです。

どんな時代になっても
投入する歩みさえできていれば

宇宙の法則、原理原則の通りに
歩むことができているので
何の心配も必要ないのです。

宇宙に委ねることができれば
シンプルに歩むことができ
集中、投入する歩みができ
楽に歩めるのです。

無駄に力む必要がないので
地道な努力を積み重ねる歩み
努力ができます。

現実の歩みは
与えられている環境の中で
目の前のことに集中し
投入することしかできません。

そして、どんな歩みでも
努力であったとしても
今の瞬間にしか歩めないのです。

今の瞬間にしか
歩めないことを
悟ることによって

今に集中することができ
投入することができ
宇宙の法則、原理原則に合わせた
歩み、努力を続けることができます。


今回も読んで頂きましてありがとうございました。

安田 悌
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す