ポピュラー2

社会人から医学部に入学したい方のご相談を承ります。

500

5ポイント(1%)獲得

by Mac

サービス内容

社会に出てから医学部に入学したいと思った方のご相談を承ります。
勉強内容、方法、受験大学、地方から都心か、受験に必要なお金、入学後の過ごし方などなど。
出品者は大学卒業後、営業、コンサル、人事と10年の業務を経て2012年に国立地方大学医学部医学科に入学いたしました。勉強期間は2.5年かかりました。

購入にあたってのお願い

医者になるだけが社会への貢献の方法ではないですが、いろいろなチャンスが世の中にはあって良く、そういった選択をされた方々がいれば医療の世界だけでなくビジネスの世界ももっと面白くなるのでは、と思っています。
まずは医療関係の方々への貢献になりますが、医療の世界に入られる方のアシストができればと思っています。

よくある質問

社会人から医学部に入学ってどのくらいの人数が大体いるのでしょうか。
大体、各地方国立大学には1名や2名は必ず既卒の方がいます。しかし、社会人を経て、という方だとそれほどは多くないようですが、いないということはありません。
「再受験」と言われる層のマジョリティーはしかし、既卒ですぐに再入学してくる方、あるいは中退して来られる方です。
東大や京大など、著名大学では現役生の割合が高くなります。8割程度が現役生です。しかし、地方国立大学では、地元枠と言われる2割程度の地元高校の現役生を除き、6割程度は浪人生です。その中で1割から多い時で2割が再受験生になり、更にその中で1割いるかいないかが社会人受験生になります。
勉強ってどうやってやりましたか。
いつまでにどの大学に合格するのか、によってだいぶ異なってきます。どの大学というお話は現状の模擬試験のデータと合格を目指す大学、かける予定の時間を伺ってから詳細をお応えしていきたいと思います。
今回は基本的な回答からお応えします。
基本的に勉強の出来不出来はかけた時間と記憶の定着のさせ方に依存してきます。従って、働きながらという条件で考えた場合、どの時間なら勉強できるのか、どの時間を勉強に振り分けることができるのか、をまず考えて頂くところから始めたいと思います。早朝、お昼、夜のお付き合いを減らし勉強時間に充てる。また、通勤時間も新聞を読むのも大事ですが、単語や化学元素の性質を覚える時間に費やすなどいろいろなやり方があります。
また、記憶の定着のさせ方、ですが、これは要するに復習ということです。勉強において、復習を疎かにした成果は期待できません。
特に医学部の受験問題は一部の超難関(東大、京大)を除き基本から応用の一般問題の回答精度を問うものが多いため、いかに完璧にパターンを記憶しているかがカギとなってきます。

評価・感想(1件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス