絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

2 件中 1 - 2 件表示
カバー画像

HTTP Status Codes の 共有Anki デッキを改造する

フラッシュカードアプリである Anki の共有デッキに面白いデッキ(単語帳)がありました。 これです。    HTTP Status Codes – AnkiWeb    URL: ankiweb.net/shared/info/728219653 (先頭に "https" + "://" を追加してください)これは HTTP Status Codes を暗記するためのデッキで、HTTP Status Codes — httpstatuses.com というサイトの内容を利用しているようです。 面白そうだったのでどんなものが見てみたところ、例えば「100」番の表面はこんな感じになっていました。表面裏面はこうです。裏面このデッキで本当に HTTP Status Codes を暗記するかは別として、どうせならと Wikipedia にある日本語を追加してデザインも変えてみました。 例えば 205番の表面はこんな感じになりました。表面裏面はこちらです。裏面行った主な作業は以下です。データの数は63しかないので、割と楽な作業でした。 (1) 必要なフィールドを追加する。 (2) データをCSV形式でエクスポートする。 (3) CSVファイルを表計算ソフトで開き、必要な文字列を追加して保存する。 (4) そのファイルを、Anki にインポートする。 (5) テンプレート (HTML と CSS) を変更する。 こんなふうにデッキを変更できるのは、Anki の自由度がものすごく高いからです。 こんな感じで、「自分の目的に近いデッキを共有デッキから探し、それを元にして自分用に改造する」と
0
カバー画像

Anki アプリの紹介とカード学習の流れ図を公開します

今回は少し趣向を変えて、お勧めのアプリケーション「Anki」を紹介します。Anki はオープンソースなアプリケーションであり、簡単に言うと単語帳アプリです。表面に質問、裏面に解答を書いたカードを作成して使います。Anki のWebページAnki の利点その1カードを学習する毎に、「簡単」「普通」「難しい」といった評価をすることで、そのカードが次に表示されるまでの期間が自動的に調整されます。難しいカードはより頻繁に表示され、簡単なカードはより少なく表示されるので、簡単なカードを何度も学習するという無駄を省くことができます。Anki の利点その2Windows, Mac, Linux, Android, iPhone/iPad/iPod といったいろいろなデバイス向けの Anki アプリケーションが用意されています。iPhone/iPad/iPod のみ有料です。Anki の利点その3Anki の Webサービスにアカウントを作成すると、デッキ(単語帳)データをAnkiのサーバーにアップロードすることができ、これにより、複数端末間でデータの同期ができます。Anki の利点その4様々な設定項目が用意されており、自分の用途に合わせてカスタマイズすることができます。Anki の利点その5Anki の Webサイト上に、世界中の人々が共有してくれているデッキ(単語帳)が公開されており、自由にダウンロードして利用することができます。Anki の利点その6カードの見た目や動作は HTML / CSS / JavaScript で実装されており、自由に変更することができます。つまり、CSSを使っ
0
2 件中 1 - 2
有料ブログの投稿方法はこちら