絞り込み条件を変更する
検索条件を絞り込む
有料ブログの投稿方法はこちら

すべてのカテゴリ

1 件中 1 - 1 件表示
カバー画像

auユーザーは住宅購入で得をするのか?

今回はauじぶん銀行と肥後銀行の比較をして参ります。auじぶん銀行はその名の通り、au(KDDI)が母体のネット銀行となります。メガバンクの一つ三菱UFJ銀行と共同設立しており、これから様々なサービスが展開されていくのではないかと考えております。 特徴の一つで、「au端末ユーザー」が「じぶんでんき」もセットで加入した場合、住宅ローンの金利を0.1%引き下げるサービスを行っております。その場合、ネット銀行の中でも最低金利の0.31%と破格の金利で住宅ローンを借りれることになります。 ただ、povoユーザーは対象となりません。povoの料金が通話5分込みで2,980円。auの場合ですと、4GB~7GBの通信料で5,980円+5分以内の通話800円になります。 住宅ローン4000万円、35年で借りた時 金利0.31%:100,510円 金利0.41%:102,251円 住宅ローン5000万円、35年で借りた時 金利0.31%:125,638円 金利0.41%:127,813円 住宅ローン8000万円、35年で借りた時 金利0.31%:201,020円 金利0.41%:204,502円 auを35年間使い続ける自信がなければ、素直に通常金利で借入しておいた方が、トータルコストは抑えられそうです。なので、0.31%は2021年5月時点で最低金利ではありますが、この数字は使いません。 こちらが簡易比較表となります。前回肥後銀行と比較したイオン銀行と似たように見えます。イオン銀行との違いは、土地と建物の分割融資を行っていない点になります。 イオン銀行と肥後銀行の比較はこちらを参考にしてくださ
0
1 件中 1 - 1
有料ブログの投稿方法はこちら