「退職したい」を全力サポート!円満退職のための交渉や手続きの仕方を伝授

いざ退職するとなると、転職活動や会社との交渉、手続きなどが盛り沢山。やることが多すぎて退職を諦める人も多いかと……。人生一度きり、やりたい仕事をやることが大切。この記事では退職検討段階の方から、退職後にお悩みの方に向けて、サポートをご提案できる記事となっています。

退職活動の流れ


退職活動は闇雲に行うのではなく、手順を踏んで戦略的に行うことが重要です。
そうすることで、退職はトラブルなく終わり、転職後は新天地で活躍できるでしょう。
まずは退職活動の大まかな流れをご紹介します。

退職活動の流れ
1.退職を検討
2.会社、上司へ退職する旨を伝える(退職の2ヶ月前までに)
3.業務の引き継ぎや退職届の提出(退職の1ヶ月前までに)
4.退職

この流れに沿って、詳細に解説をしていきます。
また、退職をするということは転職もしなくてはなりません。
この記事では、転職活動に関するアドバイスと、皆様の転職活動を支えるアドバイザーもご紹介しています。

退職を検討するタイミング


おそらくこの記事をご覧の皆様は、少なからず「退職」というキーワードでお悩みかと思います。
そこで、他の退職希望者がどのようなタイミングでどのような悩みを持っているのか、事例別でご紹介。
合わせて、皆様の悩みに沿ったアドバイザーをご提案します。

キャリアアップしたい

なかなか昇進ができない、マネジメントに携わりたい、など自身のキャリアに関する悩みをもつ方は多いですよね。
新年度の人事異動で希望のポジションに就けず、この先1年間が憂鬱になる方も。
また出世レースという慣習についていくことが大変な方もいらっしゃると思います。

転職はキャリアアップの手段であり、マネジメントに携わるチャンスでもあります。
転職活動に精通したアドバイザーを紹介します。

就活/転職/ビデオチャットで親身に相談に乗ります 人事歴15年、就活支援5年の経験で応募書類から面接対策まで

人間関係が上手く築けない

会社という組織に属する以上、人間関係に悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。
特に新年度は人事異動による配置換え、また新卒入社など、不可抗力で周りの環境が変わる事もしばしば……。

人間関係の悩みを一人で抱えることはよくありません。
しかし家族や友人に相談しにくい問題でもあります。
まずは一度、カウンセラーに相談するのはいかがでしょうか。

プロカウンセラーです。カウンセリングいたします 各種制度に詳しい有資格のプロ相談員。リラックスして下さいね。

悩み♂カウンセラーだからこそ相談したい!聞きます 心の悩み/相談/解決/カウンセリング/本音/効果

やりたい仕事ではなかった

特に新卒入社すると、希望のポジションに配属されないこともしばしば……。
また、希望のポジションではあるけれど、想像していた仕事とは違うという悩みも。
もちろんまずは結果を出す、という事も大切ですが、転職を検討する事も選択肢の一つです。
第二新卒枠を設定している企業は多く、半年〜4年目安であれば、第二新卒枠を利用することが可能です。

給料が低い

給料のレンジは会社それぞれ。
また最近変わりつつあるものの、成果主義の日系企業は少ないのが現状。
もしも年功序列の会社である場合、いきなり給料を上げることは至難の技です。
転職を行うと、入社のタイミングで給料の交渉ができます。
転職を検討することを選択肢を入れるのはいかがでしょうか。

退職するべきか否かで迷っている方へ

そもそも自分が退職するべきか、しない方がいいのか……、迷われている方も多いかと思います。
そうは言っても同僚には相談できない、もちろん上司にも。
退職するべきか否かで迷われている方は、電話でカウンセリンを受けることがおすすめです!

退職したい!退職した方がいい?なんでも相談乗ります 会社の辞め方、辞めるかどうかの判断、辞められず困ってる方へ

退職する旨を会社に伝えよう


退職をする場合、2ヶ月前までを目安に、会社や上司にその旨を伝える必要があります。

会社に対する意思表示について、1番最初は直属の上司に伝えることが理想です。
ここでは、伝え方やタイミング、注意点について詳しく解説していきます。

退職前に相談したいアドバイザー

すぐさま退職交渉をしようとすると、引き留められたり、円満ではない形に終わる可能性も。
まずは誰かに相談した方が吉。
ココナラ編集部おすすめのアドバイザーをご紹介します。

退職交渉。始める前にご相談にのります 内定を勝ち取った!さぁ、会社に辞表を叩きつけてやる…待って!

退職手続きの方法を教えます 退職で損をしてませんか?退職代行で5万円を使う前に!

上司への伝え方

単刀直入に、退職する旨を伝えましょう。

その際、周りに人がいない落ち着いた場所で行うことをおすすめします。
緊張して大事な話をしているときに、急に人が入ってしまっては困りますよね。
会議室などを事前に押さえておくと良いでしょう。

伝えるべきタイミング

まず、会社の繁忙期は控えた方が良いでしょう。
その上で、金曜日の就業時間後がおすすめ。
他の曜日や時間帯に比べて、最も業務に影響しないタイミングだからです。

伝える際の注意点

退職や転職先に関する話を、社内で口外するのはやめましょう。
トラブルの原因となったり、転職先に悪いことを言われる恐れもあります。
同僚に対してもタイミングを見て、上司の判断を仰いで伝えることが大切です。

その他、退職理由を聞かれた場合は前向きな内容を伝えましょう。
また引き留めにあった場合にも応じないことです。

どうしても自分の口から伝えられない

人間関係が原因で、どうしても直接伝えられない場合、メールもしくは電話という手段もあります。
最善は自身で口頭で伝えることですが、もしもの場合はこちらを参考にしてください。

退職代行致します ~お任せください~同僚に会わずに退職出来ます。

電話代行!!クレーム・謝罪、欠勤、退職対応します 想いを声に変えて、伝えにくい話しを伝えます!!

あなたの代わりに電話します 予約やクレーム、問い合わせ、退職代行、なりすまし代行など。

退職直前にやるべきこと

退職届の提出

退職予定日のおおよそ1ヶ月前、退職届の提出を指示されます。
自分で用意するのではなく、会社指定の様式がある場合が多いので、指示に従いましょう。

引き継ぎ

円満退職するためにとても重要です。
漏れなく自分の業務を後任に引き継げるようにしましょう。

貸与物の確認

会社から多くの貸与物があるはずです。
立つ鳥跡を濁さず、のように、返し忘れがないよう事前にチェックリストを作成するのがおすすめです。

円満退職をサポートするアドバイザー

知らなきゃ損する退職ノウハウを教えます 退職したいサラリーマン必見!

転職活動はいつ行うべき?


退職に伴って、転職活動もしなくてはいけません。
転職活動は退職の前がいいのか、後がいいのか、疑問を解決します!

退職前の場合

基本的には退職前がおすすめです。
仮に退職後に転職活動をした時、上手くいかなかった場合に収入が減ってしまうことや履歴書に空白の期間ができてしまうことが懸念されます。

しかし、退職前に転職活動を行うと同僚にバレやすいので要注意。

退職後の場合

退職後の場合、収入が減ってしまうことなどが懸念されます。
しかし転職活動に専念ができるというメリットもあります。

事前に転職活動のリサーチが十分にできている場合は良いかもしれません。

転職活動に関するアドバイザー

転職活動に慣れていない方も多くいらっしゃると思います。
ココナラには、転職活動の面接対策やES対策をしてくださるアドバイザーがたくさんいます。
皆様の一助になれば幸いです。

2千人面接したプロがあなたの面接をレベルUPします 模擬面接とフィードバックの質に自信あり。面接対策は投資です!

就活【4月後半】新卒&転職ES添削、面接対策します 【1日回答】実績690件超で4.9評価。ES&面接のプロです

退職理由・ブランク理由を考えます 必ずと言って良いほど聞かれるので印象の良い退職理由を考えます

会社とのトラブル


最善の対策をしながら退職活動をしても、トラブルが起こり得る可能性はゼロではありません。
ココナラでは法律に関する相談も承っています。
もしもの際には、ぜひご活用ください。

引き留めにあった時

異動の強要や退職希望の拒否など、会社とのトラブルが発生してしまった時にご相談ください。

人事労務に関するトラルブの相談にのります 退職などで会社とトラブルになっているあなたへ!

ココナラ法律相談

ココナラでは、無料法律相談と弁護士検索ができる「ココナラ法律相談」というサービスを展開しています。
労働・雇用に強い弁護士をご紹介しています。

こちらもぜひご活用ください!

ココナラ法律相談はこちら

まとめ


退職や転職は人生の大きな節目。
期待もあれば、不安もあるでしょう。

しかしココナラにはたくさんのアドバイザーがおり、各々得意なスキルを持っています。
アドバイザーに相談をすれば、きっと不安も解消されて明るい人生が開かれるはず。

皆様がより良い人生を歩まれること、心から祈っています。

ABOUT US

Ren
ココナラマガジン編集部ライターのRenです! 趣味は一人旅、カメラ、ドライブ、アルペンスキー、ディズニーe.t.c.、 広く深く趣味を楽しんでいます。 最近はプログラミング学習に力を注いでおり、先日“Python3エンジニア認定基礎試験”に合格しました。 皆様の生活をより良くできる様な記事執筆を目指します。 どうぞよろしくお願い致します。
ココナラを詳しく見る