サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す

募集は終了しました

提案数:4

RGれいがんの投稿内容 (No.199427)

公衆衛生法解釈

カテゴリ
契約書・各種書類作成(行政書士)
募集期限
2019/4/22
予算
5,000円〜1万円

エステなどの施設で、マンションをそのまま店舗として使うことが多いです。施術前後のシャワーもマンション=家庭用の風呂を使用していることが多いですが、シャワーは公衆浴場法の適用でないようです(シャワーも対象と検索すると出てくるのですが、適用外のようです、あるいはみんな無視してるのかも)が、浴槽を使わせた場合、公衆浴場法内として届け出がいるでしょうか❓複数で利用するわけでなく、循環ろ過して使うわけでなく衛生上は銭湯などと違う、公衆浴場法の外である気がするのですが。

提案をしたい方のやりとりの流れ

依頼内容について質問する

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら