「ことばの花束!💜」🎾🏸🚴‍♀️⚔️🏓🤿⛳😎😍

記事
コラム
💎父の万年筆!
引き出しの整理をしていたら、
父の使っていた万年筆がありました。
夫の初めての海外出張のお土産です。
とても気に入って、父はこれで毎日日記を書いていたのです。
仕事の帰りに、無口だった万年筆の為にインクを買いました。
帰りのバスの中、ハンドバックを机にして試し書き
その字が父の字に似てきたような気がしたのです。
心地良いペンの滑り方
思い思いの文字を遊ばせてみます。
白い紙にブルーブラック
バスがゆれると字もゆれる
午後の日射しは昔のまま
父が背中をそっと押してくれているみたいでした。

💎夫は達人かもしれない!
何を言ってもあまり怒らず
何を買ってもほとんど干渉せず
何を出してもおいしいと口に運び
何を着ていても似合うとしかいいません。

どこにいても楽しいと言い
うれしいことがあっても中くらい喜び
つらいことがあっても仕方ないと言い
誰に会っても同じ顔であいさつします
いつも、だいたい中くらいで満足
一緒にいて、特別いいこともないけれど
特別悪いこともないような気がします。

居なきゃ寂しいけれど居ても普通です
中くらいの人なのです。
ほとんど気にならない人生の相棒
しかし私と上手に暮らす達人かもしれないと
人は言います。

💎強くて優しい人!
昔、強い人が大好きでした。
何事にも力強くたくましく突き進む、負けない男の人が好きでした。
かなわないと思うほど強い人がいいと思っていました。
その横顔に力の汗を見ると、心惹かれたりしたものです。
今は、優しい人が大好きです。
優しさは、本当の強さだという事がやっとこの頃わかってきたような
気がしています。
強いから優しくなれる
男らしいから優しくできるという事を知りました。
その背中に暖かさを見つけると大好きになるのです。
三十八歳の主婦
「私の子育ての基本は優しさです。
子育ての中で、優しさを大切にしてきました。
おねしょをしても決してしからず「しろしかったろう」と言って
熱いタオルで拭いてやりました。
コップを割っても叱りませんでした。
その優しさは、昔、主人に教えてもらったものなのです。
結婚して間もなく、親戚の家で、私は魔法瓶の中瓶を割ってしまったのです。
その時、主人は、『ケガをしなかったか』と心配しましたが
決してそそうをした私を叱りませんでした。
胸が熱くなるほどうれしかったのです。
私に優しさがあるとすれば主人にもらったものなのです。」
ジ~ンときました。
家の中の優しさの芽が育つとすればそれはお父さんから!
男性の優しさは、女性の優しさを育て、それが一緒になって初めて子供の心が
育つのです。
いろんな人に出会うようになり、
たまにその強さを優しさというオブラートで包み込んだような人がいて
ハッとすることがあります。
強くて優しい人が大好きです。


💎母の靴揃え!
毎晩、玄関の明かりを消して休む前に
母が玄関に散らばった家族の靴を全部きちんと揃えます。
下向きにかがむのは、腰が痛いからと、傘の先を使ってひとつひとつ
並べて一組ずつにきちんと揃えてくれるのです。
毎晩、黙々と繰り返されるこの靴ぞろえ、もう何年になるでしょう。
先日息子が言いました。
「僕ね、友達の家に行ったときは、ちゃんと玄関で自分の靴を揃えているよ。
今日ね、おばちゃんにお行儀がいいねってほめられたんだ。
だっておばあちゃんが毎晩一人でみんなの靴ぞろえをしてるでしょう。
アレを思い出して、アッそうだって思って、そろえることにした」
家では、八の字だったり、二の字だったりする息子の靴も
外に出た時くらいは、このしつけが守られていることを知ってホッとしました。
「ちゃんとそろえなきゃダメでしょう!」と口で叱るよりも
暗い玄関で傘の先をのばしながら、黙々と靴を揃える母の後ろ姿の方が力持ちだったことがわかりました。


💎母の言葉!
四月、新学期の楽しみは、クラス替えです。
「三年三組だったよ。担任は山本先生でね、よし子ちゃんとまたいっしょになれたの」という娘に
「そう、よかったね。山本先生、いい先生よ」とか言うか
「そう、残念!田中先生だとよかったのに。あたりが悪かった今年はダメね。
あ~あ」と言うか
母親の言葉は一年中、子どもの心にハンコのように赤く残るはずです。


💎ハイ、タクシー!
自転車にも乗れません。
車を運転することもできません。
ですから、よくタクシーを利用します。
「近くてすみません。博多駅までお願いします。」
「ハイ。博多駅までですね。わかりました」
ちゃんとした返事を返していただければ、
「おつりは結構です。近くてすみませんでした」と言って
二、三十円のおつりはいただかずに降りることもあります。

「近くてすみません。天神バスセンターまでお願いします。」
「......」
返事もなく、うなづくこともなく、ブーンと発車、そして到着。
無言で降ろされることもあります。
そんなときのおつりは、待ってでもちゃんといただくことにしています。
「ハイ」という一言の大切さ、わかって下さい。

💎料理の心!
料理の達人!
「とんでもない、私、特別な事は何もしてないのよ」と笑いながら
心にしみるような一皿を進めて下さいます。
いつも自然体だから味も自然で、優しいから、ハッとするような心遣いの
盛り付けだったりします。
出来上がった料理は、どれも、呼吸しているようにおいしいのです。
おいしいものは、体にも効いて、心にも効くはずです。
自然な笑顔の源は、きっと、おいしい料理が好きという素直な心からなのだと
思っています。

💎もの言う鏡よ!子供たち!
「僕のお母さんは、血液型B型なんですが、すぐ怒るんです。
いつも叱ります。
ある日、僕に『あんまりブツブツいいなさんな』と部屋まで来て説教しました。そして、、自分は、ずーっとブツブツ言いながら僕の部屋をでていくんですよ」

「ある日、私が部屋の戸をバタンとしめて出て行ったと母が私を叱りました。
でも叱った後、私の部屋をバッタンとすごい音でしめて出て行ったんですよ。
言う事とすることが違うんですよ。本当に」

「常に私に勉強しろと、我が家では、父が特に熱心です。
でも、教科書のわからないところを持っていったら、自分でやれと言ったんです?」

「親には感謝しています。
でも、話題は、勉強と成績の事だけ!もっと他にないのかなと思います。」

ひとつひとつの言葉に耳を傾けながら、子どもというのは物言う鏡だと思いました。
「鏡よ鏡よ、鏡さん!たかし君の鏡さん、私の姿を映してくださいな」
時々、子どもという鏡に映った自分を見つめるべきだと思いました。

💎商売、商売!
パンやさんでは、買ったパンの包み方、
ー生クリームがカレーパンにくっついていたりすると情けなくなります。

ホテルでは、チェックインの時のボールペンの渡し方、
ーさっとスマートに手渡され、感動したことがあります。

レストランでは、支払い金額の伝え方、
ーせっかくおいしいもの食べたのに、「〇〇〇円でぇ~す」なんて言われて
興覚めした経験があります。

銀行では、窓口の女性の通帳の手渡し方、
ーお金を扱うときと同じように、大切にちょっと持ち上げながら笑顔で渡されると、またここに貯めてもってこよう、と思うのです。

お蕎麦屋さんでは、丼の置き方、
ードーンと、ゆれて、その音とともにごぼう天そばの汁が外にこぼれ出て、
腹が立ったことがあります。忙しい時こそ丁寧さが大切!

ドーナツ屋さんでは、おつりの出し方、
ー客の目を見ることもなく、マニュアル通りにペラペラ暗記した言葉だ