「”現在~老後”のストレス対処云々!💜」🎾🏸🏓⚔️🚴‍♀️🤿⛳😎😍

記事
コラム
💎会社勤めはしなくてはなりません、今の時代も!
忠誠心を持ってしまうと幸せはありません、今現在も老後もです。
時間は、好きな事と子育てのためにあります。
つまり、家族中心ではなく、会社、仕事中心の世の中になっているからです。
故に工夫が必要なのです。心の感覚です。!
それが面従腹背(めんじゅうふくはい)(四字熟語)という事です。
表面は従順で心の中では反対である事。
つまり、魂は売らないという事です。
本来、会社というものは、人間の為に作られているのです。
会社の為に人間があるのではないのです。
現実は、本末転倒になっています。
会社側こそ社員に愛されるために努力を傾けるべきなのが本来の姿なのですから......!
ちなみに、稼ぐということ&株式投資自体は、今も昔とかわらずいい意味で変化はしていません!
やはり投資というものは、誰でも気軽にできるもので、確実にお金が増える
システムでなければ意味がないはずです。
だって、人生の時間は、好きな事(したいこと)&子育てのためにあるからです。

今のポジションに対して「こうなってよかったね!」と思う事です。
それには、やはりそのポジションならではの「楽しみ」を見つけることが必要という事になるのです。

今の時代、インターネットで、どんな情報も手に入る時代なので、
自分で考え答えを出して行動できる時代となっているはずです。
自分が自分を好きになる。
自分を好きになるという事は、「私は、私であっていい」と信じきることなのです。
昔は、
①必要な情報が自然と入る人達
②情報を得ようとしない人達
③情報を得ようとする人達 が存在した時代でした。
故に、差別化というものが存在していました。
今は、いい意味で自分によって生きることができる時代と言えると思います。
しかし、まだ肝心な、「稼ぐ(会社勤め)&株式投資」というもののシステムが変革していないので、難しさは変わっていないと感じています。


💎人間関係では、大いに「貸し作り」の感覚でいることがベストなことだと思っている次第です。
それから「いろんな人間が存在する」ということも忘れてはいけないことと思います。そのいろんな人間の中に自分も存在していることも忘れないようにすることです。
過剰にイラつく反応をすると自分が疲れるだけなのです。
いわゆる癪に障るというものです。
自分も含めていろんな人間が存在するので、
気持ちをコントロールする つまり「気にしないこと」にするしかありません。
その人も故意にしてはいないと思うのです。
”人のふり見てわがふり直せ”です。
仕事に支障をきたすならば、当然報告しなくてはいけないはずです。
スキルの身に着けだけでは、会社勤めはうまくいかないと思います。
「居心地を良くするためにに会社に行く」という事も必要なこととなるはずです。自分の為なのです。
こんなことと語弊があるかもしれませんが、
サービス残業が日常化していれば、残業しなくていいシステムを提案してみるとか、
あるいは、上下の連携が悪く上下間に軋轢が(あつれき)を生んでいる状態であれば、連携をよくするアイデアを提案してみるとか、
つまり、気づいたことで、こういうふうな状態だと居心地が何となくいいなあ!と感じることの案をもつということは、多分、誰もが思っているという事です。
人それぞれにストレス解消法はあると思います。
共通点では、やはり音楽を聴くこまめに.....!、本を読む!
それから、コントロール不能(何かおさまらない)状態が長く続くときは、
心療内科でストレートに症状を伝えて,薬を処方してもらうという事が
ベストのことと思っている次第です。



💎今の時代、意識的に作るべき大事な時間があります!
日本初の鉄道が開通したのは、1872年。
それまで、人と人が行きかう手段は、馬を除けば足だけ。
交通・通信に非常に時間がかかったのです。
鉄道、飛行機、車、電話、インターネットなどが次々に誕生したことにより
今は、その時間が格段に短縮されています。
当然、人々の交流範囲は、広がったし、コミュニケーションもとりやすくなりました。これは、非常に便利な事です。利用しない手はありません。
ただ、「便利さによって手に入れた時間を有意義に使っているか」という点にも目を向けていただきたいのです。
今は、SNSで他人と簡単に繋がれる分だけ(表面上)、逆に他人の事ばかりが
気になり、自分のことがおろそかになっているように思います。
始終、スマホを見て生活している人は、単に「暇つぶし」をしているだけなのでは? 昔で言うと読書!
しかも相手(他人)の今をチェックして、自分の今を伝える行為は、生活を窮屈にします。
一度、スマホを家に置いて、街に出てみましょう!
そういう時間を意識的に作って、自分の楽しみのために使った方が
有意義であり、なおかつ心が豊かになるはずです。
つまり、ストレス軽減です。


💎「悩み」というもの!について。
「四苦八苦」というものが存在します。
それは、
①四苦 「生老病死」とは、人間が生まれて、老い、あるいは病気になり死ん
    で行く。この四つは、すべて苦しみだとしています。
②四苦 「愛別離苦」あいべつりく
    「怨憎会苦」おんぞうえく
    「求不得苦」ぐふとくく
    「五蘊盛苦」ごうんじょうく

「愛別離苦」(あいべつりく)とは、
いくら愛する家族であっても、恋人や友人であっても別れなければならないときはくる。死は確実に別れをもたらします。
離れたくない、別れたくないといっても、思うがままにはならないことです。
別れの時まで精一杯相手を愛し、思いやることはできます。
つまり、この思うがままになるという事をするべきという事なのです。
思うがままにならないことを考えること自体が、苦しみという考え方なのです。

「怨憎会苦」(おんぞうえく)とは、
憎さ百倍の相手に会わなければならないということもあるでしょう。
会う事を避けるという行為は、思うがままになることなので実行すれば
いいことです。
しかし、避けられない時があるのも道理です。
そういう時は、「会うのは嫌だ」「なんとか会わないで済ませられないか」などとあれこれ考えず「ええい、ままよ」とその場に臨むしかないのです。
なぜなら、気持ちの問題だけで現実的には何もないからです。


「求不得苦」(ぐふとくく)とは、
求めるものが得られないという苦しみは、
誰もが常にあじわっているものと思います。
例えば、「あいつが課長に昇進した。俺もなんとか課長になりたい」と
イラついて、悶々とした日を送るなどはまさにこのことなのです。
もっと思うがままになることをやれば苦しむこともないはずです。
時間がもったいないことなのです。


「五蘊盛苦」(ごうんじょうく)とは、
心も体も思うがままにならないから苦しむという事です。
つまり、”ほうっておくという感覚”でいることが
苦にからめとられることもないという考え方なのです。



💎老い方のベスト!
どんなことになっても、どんな状況になっても、
つまり、調子悪くなることが当たり前となるので
とにかく、自分なりに「楽しみ」を見つけて、
さらに「平気」で生きるという事が、
かくしゃくたる老人とはまったく拮抗する
味わい深いしょぼくれ老人の姿があると思っている次第です。
難しくする必要などないと思っている次第です。。
自然体です。



💎「ボケたらごめん」と言う勇気を持ちましょう!
昔の阪神タイガースを例にとりますと、
「ホントに守備はうまい!」
もちろん、放送席の声が選手に届くわけがありません。
本人は、誉められたことなど知らないのですが、内心
「今のは、超ファインプレーやったなあ」という思いはあったのでしょう。
その選手のところに次打者の打球も行ったんですね。
それをスライディングキャッチをしたのです。
普通に前進してとれる打球だったにもかかわらずです.....!
「今のは、ちょっと見せにきましたね。あそこまでやる必要はないでしょう!」そ