「日本語は、美学⁈💜」🎾🚴‍♀️⚔️🏓🤿⛳😎😍

記事
コラム
💎「おはよう」で始めた一日を
「おやすみなさい」で締めくくります。
その間に、いくつの言葉を使うでしょう。
夫婦、親子、友達、いろいろな関係の中で
言葉は行ったり来たり
言葉は生きもの、言葉は力持ちです。
だから新鮮な方がいい
そして、真実が欲しいと思います。
素敵なことばを聞くと心がしあわせになります。
優しい言葉を聞くと元気になります。
暖かい言葉に出会うと笑顔が生まれます。
人を好きになると
言葉は、きれいな花束になるのです。
今、言葉の花束をアナタに.....。


💎言葉は文化!
年を重ねて
豊かになるのは体つきだけではなく心です
その心から糸を引くように出てくるのが言葉
ですから言葉は人の心そのもの
そして人生や生き方を表すものだと思います。
美しい言葉という財産をもった人に出会うと幸せになります。
心地良い話し言葉に会うと心現れるものです。

先日美しい人に出会いました
わー、何て素敵な人なんだろう
しかし、話をしたとたん
「私ね、私ねぇ」という自己主張ばかり....
がっかりして
わぁー何てひとなんだろうと
つぶやき直していました

言葉はおしゃれの総仕上げ
言葉は文化だといつも思います


💎言葉の魔法!
夫から、生ぬるい声で「愛してるよ」とか、
「好きだよ」なんて言われるより
「こんなに愛されて、君は幸せだね」と表現された方が
うんとおしゃれで不思議な味があると、誰かが言ってました。
友達に「おしゃれねぇ、あなた」とか、
「あなたって素敵ね」とほめられるより
「どうして、そんなに素敵なの」と表現されたほうが
なんだかうんと心にしみると誰かが言っていました。
不思議な事に....、言葉は時々魔法使いになることがあるのです。


💎言葉衣替え!
人はいくつになっても変身願望があります。
もっと素敵に、もっと、もっと、と
服装や髪型、化粧に気を配ります。
そして、もっとスマートに、もっと金持ちに、もっと人格形成をと
「もっと、もっと」を重ねて生きています。
しかし、一朝一夕に変化は訪れないものです。
急に美人になったり、急に天才にはなれません。
でも、変えようと思った瞬間変えられるものがたったひとつあります。
それが「言葉」ではないでしょうか!
言葉の色や形はすぐに変化をしてくれます。
心の向きを変えた瞬間、声が変わり、言葉が変わるのです。
心は360度、どちらにも向くものです。
その方向によっていろいろな言葉が生まれ出てくるのです。
中学や高校のころ制服の衣変えをしたように
言葉もちょっと四季の変化に衣変えしてみれば
言葉にちょっとおしゃれをしてみれば、
今の表情がきっと変わるはずです。
電話の受話器を握りしめた瞬間、変身できるのは、女性の特技と思います?
言葉の衣変えは、何歳になっても、どんな季節でもできるものだと思っている次第です。


💎言葉のうらおもて!
言葉にも裏表があります。
ひとつのことを表現するのに、表と裏があるのです。
ねぎらいの言葉でも
「お疲れ様」「お疲れさまでした」というのは
同等、または、目上の人に向かって!
「ご苦労さま」「ご苦労様でした」というのは
目下の人に向かって使う、というふうにー。
先日、ある職場で、新入社員の女性が、先輩の女性社員に向かって
「山田さん、ごくろうさまでした!」といった時
先輩社員曰く「あなたに、ご苦労と言われる筋合いはないわ!」となってしまいます。これ、自然です。
今ではこのように注意してくれる先輩も少なくなり、
言葉が裏も表もないシースルーになりつつあるような気がしてます。


💎言葉は力持ち!
美容院帰りの髪の毛は、つやつやと輝いていています。
このまま家に帰るのはもったいないと思う事さえあります。
特に後姿は良くできていて、だれもいないところで合わせ鏡をして
その形を楽しんだり、研究したり、
立ち止まってガラスに映るその姿に満足する女心に
自分でもおかしくなるくらいです。
なのに、家に帰ってきた夫は、夕刊とテレビに気をとられて
私の髪型には気づきません。
プロ野球中継を見終わって、その後はスポーツニュースの梯子をするのです。
そして、眠ってしまうのです。
「せっかく12800円も出してパーマかけたのに、あーあ、もったいない」と
ひとり言。ここで願わくは、
「おっ、いいじゃないか。パーマかけたの。へぇーなかなかいいよ。ちょっとうしろ向いてみて」
何て言ってくれたら....どうでしょう。
「12800円の価値あり、惜しくはなかったわ」とかわいい女は思うものなのです。
その一言を口にできない人が増えているような気がします。
言葉は、力持ちなのに....!


💎言葉にあたる!
懐かしい友人から電話で食事に誘われました。
「久しぶりにおいしいビールとお寿司よ」
「やぁやぁ、久しぶり、乾杯!」
ところがしばらくしてその友人が私の顔を覗き込みながら
「ねぇ、偉く忙しそうだけどあなた大丈夫?
私、心配しているのよ、すごく」
「大丈夫よ。私、忙しい方が調子が出るし、リズムがあって
このくらいの忙しさはなかなか快適なのよ。
私、仕事大好きだもん」
私は、力いっぱい答えました。
しかし、また、
「そうかしら、そんなに働いて疲れてるんじゃない。少しやつれたみたいよ。
太ってるからって安心しちゃだめよ⁈」
「わたし、この頃やつれて見えるかしら」
「う~ん、ちょっとね。病気しないかしらってすごく心配で。
わたし、このごろ、あなたのことが気になって仕方がないのよ」
「まぁ、そんな心配しないでこんなに疲れもせずに頑張っているんだからさ」
「だといいけど、とにかくすごく気になるのよ」
だんだん、わたしの心は、かたむきかけてきたのです。

(おいおい、あなたは私に病気しろとでもいうの。いい加減にしてよ。
まったく、もう!)と、
口には出さないものの心の中で叫びながら
口に運ぶビールの泡が、やけに苦みをましてゆくのでした。
「とにかく、気をつけてね」の声に送られて私の靴音はスタスタ....。
「あーあ。食事にでかけなきゃよかった。いったい何なの!」
疲れたひとり言をつぶやきながら帰宅したのです。

お風呂から上がった瞬間、右目の横に一点、チリリンと強いかゆみ
その次に目の周りからほっぺたに、あごに、ものすごいかゆみが一気に走りました。
顔も頭も首も...
かくたびに、プチプチと皮膚がはじけるようにデコボコになって、
そのうちに顔と首が真っ赤にザラザラに膨れ上がってしまいました。
首から上だけのすごい”ジンマシン”です。
「お寿司、何か光り物でも食べたんじゃない」などと、家族はいいました。
知り合いのお医者さんの診断では、ストレスが原因ということでしたから
私は、すぐに”真犯人”がわかりました。
「言葉にあたったのよ」
言葉の力の恐ろしさを、激しいかゆみとともに実感したのでした。


💎言葉、その量と質!
人と人との関係には、距離があります。
どんな間柄でも、距離というものがあるはずです。
その距離に合わせて、言葉の質と量を選ぶことができるかどうかです。
それは、とても大切なことだと思います。
距離を考えずに、言葉の量を増やし過ぎて、失敗したという例はたくさんあります。
例えば、職場の飲み会で「無礼講。無礼講。楽しくやろうや」という上司の言葉に甘えてしまい、「部長そのネクタイはまた、えらく若者風。どう見ても髪型と合いません。彼女からのプレゼントですか」
なんて口走って以来どうも上司の怒りをかったようだと反省中の男性がいます。しかし、これは上司の方も大人げないという感もあるのでは?
また、夫との会話の中で、つい
「あなたの弟さんもっとしっかりしてくれなくちゃね。
あれじゃ商売は無理じゃないの。心配でみてられないわ」と、
夫の家族のことに口出し過ぎて、機嫌を損ねてしまったという近所の奥さん。
親友だから、本人の為にもなんでも思った通りに忠告すべきだと信じて、
「おやめなさいよ。あの人、決して、あなたにはふさわしくないわ。
私から見ていても少し物足りなく感じるのよ。
それで本当にアナタいいの?」と言ったとたん
友人は涙を流して怒り、その彼と結婚してからは連絡もなく寂しそうな人。
まあ、とにかくあの一言が、という言葉はいくつもあると思っています。
言葉を選ぶときに、相手との距離を忘れてしまっているからなのです。
それぞれの場合に知恵を働かせねばなりません。
その知恵というのは、毎日の暮らしの中から生まれるものです。
聞いて心地良かったこと、言われて辛かったこと、
受けたそのときの気持ちがとても大切です。
人の心を推し量る思いやりとはそんなことではないでしょうか?

先日、ある会社の新入女性社員の研修を頼まれました。
いちばん苦労したのは敬語です。
敬語というのは、まさに思いやりと尊敬の念を重ね合わせた
素晴らしい日本語の文化だと思います。
ところが、この敬語が今、危機に瀕しているような気がしています。
高校、短大、大学を卒業したばかりの女性たち、新入社員として今、
職場で一番若く、そして、一番先輩の数が多いわけです。
当然、敬語が必要になるはずです。
そこでこう言ってみました。
「皆さん、今、昼休みだとします。
職場が忙しく、順番に昼食をとることになりました。
課長さんに、先