【新星ボーイズグループ】BE:FIRSTをタロットに例えてみた(後編)

記事
エンタメ・趣味
前回に引き続き

「BE:FIRSTのメンバーを、タロットカードに例えながら紹介してみた」

やっていきたいと思います!

もしよろしければ、前編もご覧くださいね(#^^#)



BE:FIRSTとは(前回のブログから引用)
BE:FIRSTとは「クリエイティブFIRST」「クオリティFIRST」「アーティシズムFIRST」を掲げ、AAAのラッパーであるSKY‐HIさんが主催したオーディション「THE FIRST」により誕生した7人のボーイズグループです。
朝の情報番組「スッキリ」で特集されていたので、デビュー前から既に人気は高く、デビューメンバー発表当日はTwitterのトレンド上位10位までをほぼ独占。プレデビュー曲である「Shining One」は、LINEmusicの売り上げは早くも一位獲得。凄まじい注目と、人気を集めています!


では、さっそくまいりましょう!


JUNONくん:「星」

IMG-1388.jpg

JUNONくんはメンバー最年長の23歳。
なんと、歌もダンスもレッスン未経験の状態から、約半年のオーディション期間でデビューを果たした、驚異の成長力の持ち主です。
彼の武器は、美しいハイトーンボイス。予選では中島美嘉さんの「雪の華」を原曲キーで歌い上げ、SKY‐HIさんを魅了し、最後までコーラスの重要なポジションを担ってきました。そしてこれからも…。

そんな彼に合うと思ったのは「星」のカードです。
彼について印象に残っているのは、デビューが決定したときの決意表明。
彼はSKY‐HIさんに対して「自分の歌声で世界を取りに行く。任せてください。」とはっきりと告げたのです。
この発言をテレビで観たとき、夢や希望に向かって歩むことを意味する
「星」のカードが、頭に浮かんできました。
また、JUNONくんはおっとりしてマイペースなところがあり、ふとした表情や所作に、なぜか癒されてしまいます(笑)
人の目を惹いてしまうのも、「星」のようだなぁと、感じています。


RYOKIくん:「戦車」

IMG-1386.jpg

RYOKIくんは22歳。オーディション時は現役の俳優さんでもありました。
英語が堪能で、世界進出を目指すBE:FIRSTには欠かせない存在になるでしょう。
彼の魅力は、端正な顔立ちから醸し出されるワイルドで色気のあるオーラ
彼にしかできない、独特の歌い方や身のこなしです。
オーディション時は「癖が強い」「我が強い」と指摘されることがありましたが、今やそれが武器。
彼が歌ったフレーズや、見せ場の表情は、一度観たら忘れられない癖になるパフォーマンスをしてくれます。

彼に似合うと感じたのは「戦車」のカード。
目標達成のために一直線に進んでいく、熱血なカードで、RYOKIくんの性格も、これに近いものがあります。
実はRYOKIくん、想いがまっすぐすぎて、メンバーと衝突してしまうこともあったんですね。そんなところも戦車らしい…。
もちろん、関係はその後修復されましたし、本来は漢気溢れて仲間想いな性格なので、これからはメンバーの躍進を推し進める、着火剤のような存在になってくれるでしょう!

LEOくん:「力」

IMG-1387.jpg

LEOくんは22歳、明言はされてないですが、実質リーダーのような立場を担っています。
優しい歌声力強いのに繊細なダンス…そういった、パフォーマンスの面での魅力も、もちろんあるのですが。
それ以上に高く評価されているのは、チーム全体のために貢献する、気配り優しさリーダーシップです。
オーディション予選では、歌・ダンス未経験の他の候補者に対して、手取り足取り世話を焼く、面倒見の良さを見せてくれました。

そんな彼にぴったりだと思ったのは「力」のカード。
…え、「ライオン=レオ」の洒落じゃないかって…?
実は、それもあります…(笑)
でも、もちろんそれだけじゃありません。
「力」のカードは、権威などではなく「愛の力」を意味しています。
コントロールが難しい獰猛なライオンを、女性が愛の力で手懐けているんですね。LEOくんは、まさしくこの女性のようだと思っています。
メンバーに親身に接し、信頼関係を築いていく。
彼がいるからこそグループの雰囲気は良くなるし、パフォーマンスの一体感が増し、クオリティが上がるのです。


以上が、メンバー紹介です!!
…すごく長くなってしまいました。
簡潔にしようとしたのに、申し訳ございません…。


申し訳ないついでに、最後に、SKY‐HIさんのイメージの
タロットカードもご紹介します。

SKY‐HIさん:「審判」

IMG-1392.jpg

「審判」のカードは、キリスト教の「最後の審判」が描かれています。
一度命を失ってしまった人々が、天使のラッパの音を聞き目覚めるシーン。
この天使は、SKY‐HIさん自身や、今後のBE:FIRSTのようではないか…!と思ったのです。

SKY‐HIさんがそもそも、このオーディションをしたのは
「若い才能を埋もれさせないため」でした。
才能がどんなにあっても、機会に恵まれなければその芽を伸ばすことはできないし、最悪そのまま枯れてしまう…。
SKY‐HIさんはそれを危惧していたのです。

今回BE:FIRSTに選ばれたメンバーたちは、SKY‐HIさんによって目覚めた才能たち。
次は、そんな彼らが、音楽界に革命を起こすため、号令をかけていくのです。
彼らが目指しているのは、J-POPやK‐POPのアイドルグループではなく
「アーティストの集団」としてのボーイズグループであり、
新しいジャンルの音楽を生み出そうとしているのです。

「審判」の意味は「再生」「革命」

SKY‐HIさん率いる、彼らにお似合いだと思いませんか?

以上、SKY‐HIさんやBE:FIRSTメンバーのご紹介でした。

前後分けるほどの長文になってしまい、申し訳ございません!!

もし「まだ見たことない」「ちょっと興味持った」という方は

プレデビュー曲「Shining One」を是非ご覧ください!!




もし、ここまで読んでくださった方がおりましたら…!
ご精読、ありがとうございました!!