【21卒】コロナと就活(4/9更新)

記事
コラム
こんにちは、国家資格キャリアコンサルタントの三上です。
新学期(新4年、院2年)、皆さんどうお過ごしでしょうか。
先が見えなくて不安な就活生の相談が増えたので、最新情報と今後の予測をお伝えします。

◆採用数は99%変更なし
主要企業の採用計画、スケジュール、選考手法について大幅に見直されることはほとんどないと読んでます。
採用計画は単年度で決めますが長期スパンで組み立てるため、コロナで一気に採用数を大幅減は(21卒に関しては)ありませんのでご安心ください。
よって、筆記やESの評価や足切りラインに変更はありません。
何割得点すべきとか、優先される能力の順序などのテクニカル分析にとらわれず、自分起点で最たる強みは何か考え、整理し、今の筆記点数を高められるよう最後まで全力を尽くすのみです。

◆面接ピークはおそらく「GW後」
「ゴールデンウィーク頃まで自粛モード」だと私は読んでいます。
採用・就活戦線においてもこの流れをくみ、おそらくゴールデンウィーク明け、5/7(木)頃から本選考=面接が始まると思うので、今まで以上に「5月は忙しい」と思っておいた方がいいです。
通常、6/1(月)に3年生・院1年生(22卒)のインターンシップサイトがオープンし、今、人事はそれに向けた準備を進めながら、皆さん4年生・院2年生(21卒)の対応に追われている状況なので、そこまで後ろ倒しにはならないはずです。
ただ、4月以降に社員面談や、座談会(と称する事実上の0次選考)」は強化する動きも一部見られるので、志望企業からのメール、マイページ等で最新情報をまめにチェックしてください。

◆今度の流れ(予測)
4月上旬 ES締切ピーク
4月中旬 自粛(社員面談・座談会?)
4月下旬 自粛(同上)
5月上旬 自粛(同上)GW明け頃まで?
5月中旬 一次〜二次面接
5月下旬 二次〜三次面接
6月上旬 最終面接ピーク内定出し
昨年まで、GD(グループディスカッション)や社員との座談会を4月に実施していた企業は、世論の空気を読みながら、5月GW以降に後ろ倒しになる可能性は出てきました。
ただ、いわゆる「WEB面接」はマンパワー不足のためおそらく無理で、大幅変更はないと思います。

◆ぜひOB・OG訪問を
ES提出から面接まで空白ができてしまう方は、先輩社員へWEBや電話、メールでOBOG訪問はいかがでしょうか。
業務理解が深まることはもちろん、その方が採用された理由の仮説を立て、自身の自己PRや志望動機にリンクできるヒントを得られるかもしれません。
私がここまでESを見てきて、業務理解が例年より浅いので、4月に優先すべきは仕事理解を深めるための行動を。

また、筆記で得点が思うように伸びていない人はSPIやTG-WEBの強化、面接に不安がある人はテキストで文字化(書く)して言語化(話す)に備えるなど。
制限されてしまうデメリットで不安になるより、やれること、すべき事に集中し(健康第一で)悔いない就活にしましょう。

代々木キャリアセンター三上