【高校生必見】志望理由書を添削してくれるアドバイザーを紹介|合格に一歩近づこう

大学の志望理由書を書く機会は、ほとんどの方が一生に一度。それゆえに、あまり念入りな対策をされないこともあります。「受かる志望理由書」を書くには念入りな対策かプロによる添削が必須です。本記事では筆者が厳選した添削のプロを、自信を持って紹介しています。

>>志望理由書添削のプロを先にチェックしたい方はこちら

志望理由書はどんな時に必要?


志望理由書は一般入試では必要ありません。
一方で次のような入学ルートの場合、志望理由書が必要になることがあります。

志望理由書が必要な大学入試
  • 指定校推薦入試
  • AO入試
  • 大学編入学入試

上記の入試では、学力以上にこれまでの成績(評定)や部活の成果、学業に対する姿勢(皆勤精勤など)が評価されます。
すなわち、人物評価に重きを置いている入試なのです。

編集部

とはいえ、評定や部活の成果だけを見ても大学側はあなたの人物像が掴めません。
より詳しく自分のことを知ってもらうため、志望理由書をしっかり書く必要があるのです。

AO入試

AO入試では、主に「その大学で何がしたいのか」が問われます。
特定の大学にどうしても入りたい人がAO入試を選択するので、「専願」でなくてはならないことが多いです。
合格すればほかの大学は受験ができないという前提で、学力以外の強みを使って受験できる制度でもあります。
本記事を活用して、万全の志望理由書対策をしましょう。

指定校推薦入試

指定校推薦入試は、「高校側が特定の学生を大学に推す」という形式です。
自分の意思決定のみで出願できる入試ではなく、高校が認めなければ出願さえできません
選考フローは大きく2つに分かれて、「高校による選考 → 大学による選考」です。
いずれの場面でも、志望理由書が必要です。

大学編入学入試

大学編入学入試は、「前の大学の単位を持って他大学に再入学」するための試験です。
大学生が「学びたい対象が変わった」「学風が合わない」などを理由として、編入学の選択をすることがあります。
編入学後に前の大学の単位を持ち越しできた場合、卒業最低年限以内で卒業できる可能性が高くなるので時間的・経済的な負担の少ない手段でもあります。
志望理由書には「なぜ大学を変えるのか」を論理的に書く必要があり、入念な準備が必要です。

志望理由書で意識するポイントは大きく3つ

【教員採用試験の面接対策】よくある質問をまずはチェック!
志望理由書は「大学へのラブレター」です。
あなたが大学にどんなに入りたくても、大学があなたを選ばなくては入学できません。
大学入学を叶えるには、大学を知り、入学したい想いを最大限に伝える必要があります
最低限伝えたいこと・注意すべきことを押さえて、志望理由書に取りかかりましょう。

アドミッションポリシー

アドミッションポリシーとは、大学の理念や存在意義など、大学が目指すべき姿を記したものです。
ほぼすべての大学に設定されており、大切にされているものです。

大学は自身のアドミッションポリシーに共感してくれる学生を求めています。
強い意志をもって試験を受ける学生が大学に適合しているかどうかを判断する材料は、ほかでもない志望理由書です。
無理に合わせようと持っていくと不自然さが残るので、アドミッションポリシーの一部だけでも共感できる部分を見つけ、志望理由書に組み込むようにしましょう。

大学でやりたいこと

大学は義務教育ではありません
多くの時間とお金を使って、なぜわざわざ大学で学びたいのか、理由を文章で伝えましょう。
「大学教授になるために経営学を学びたい」「大学で野球を極めたい」などそれぞれの学ぶ目的・進学する目的を、具体的に明示できるとベターです。

ポイントは「なぜその大学でないといけないのか」です。
例えば経済学部を選んだとしても、なぜ志望した大学の経済学部でなければならないのかが不明瞭では意味がありません。
選んだ大学だからこそ学べる内容やできることを、志望理由書に落とし込みましょう。

将来の夢

大学で学ぶのは4年という短い期間、長くても医学部・薬学部の6年間です。
人生は、大学卒業後の方が圧倒的に長いのは言うまでもありません。
あなたの素直な将来の夢を、志望理由書に思いを込めて書きましょう。

ただし何の脈絡もないことをつらつらと書いても意味はありません
志望する大学での学びをとおして、どんな仕事について何を成し遂げたいのかを明確にしておく必要があります。

当然ですが、ここでウソをつく必要はありません。
将来の夢の内容だけで合否判定されることはなく、評定などを考慮した総合的な判断になるのでウソ偽りなく書きましょう。

ビジュアルで見る志望理由書の書き方まとめ

志望理由書は書くことがたくさんあるように見えますが、実際書いてみると意外にスラスラ書けてしまいます
ここまで解説してきた内容を含めて志望理由書をビジュアルでまとめると以下のようになります。

志望理由書(ビジュアル版)

あくまでも参考程度になりますが、書く分量はすべて同じぐらいです。
どこかに一点集中で書き込むよりも全体のバランスを見て書き上げるほうが重要です。

ちなみに、志望理由書の書き方は、覚えておくと就職活動でも有効に使えます。
体裁や分量は違うものの、その会社を志望する理由や書くべき自己PRなど、使える要素がたくさんあるからです。
詳しくはこちらのページで解説しています。

合格のためには誰かに添削してもらうのがベター


結論から言うと、仮に作文に自信があったとしても、プロに添削を依頼することをおすすめします
志望理由書は400文字〜1,000文字で書くことが多く、短い文章でいかに魅力的な内容を書けるかが、合否を左右するためです。

編集部
そもそも、中学・高校で課される読書感想文や作文とは性質が違います。
大学受験合格の夢を掴むためにも、添削はとても重要なのです。

「わかりやすい文章」を書くことは高度なスキル

文章を書く技術、「ライティング」はかなり高度なスキルです。
誰でもどこかで文章を書きますが、人に見せるわかりやすい文章を書くのは一朝一夕でできるものではありません
大切な受験だからこそ、プロに助けを求めることが重要なのです。
学校の国語の成績とは関係があまりない、別のスキルが求められます。

合格実績があるプロなら要点をおさえることができる

どんなに高いライティングスキルを備えている添削のプロがいたとしても、合格実績があるか否かで信頼度が変わります
合格実績があるプロだからこそ、志望理由書の「どこを見られているか」や「評価される内容」にがわかるのです。
どうせプロに添削をお願いするなら、合格実績がある添削のプロを選びましょう

学校や塾の先生でも悪くはないけど…

学校や塾でも添削指導をしてくれる先生はいます
実際、先輩たちも先生方にお世話になって合格できていますし、見ず知らずの人よりも気軽に相談できるでしょう。

しかし学校や塾の先生は、面倒は見てくれますが添削のプロではありません
志望理由書などの添削はプロに依頼するべきでしょう。

合格実績のある添削のプロはココナラにいる!

悩む学生
「添削のプロなんて身近にいないよ……」
編集部

そう思った人、ココナラには添削のプロが大勢います!
普段はライターとして活動する傍ら、他人の文章をチェックする人々です。

志望理由書や自己PR文に特化した添削のプロが在籍。

・幅広い出品内容から、学科ごと・入試ごとの添削サービスをしている人を選択可能。

まずはどんな人がいて、どんな実績があるのかを確認して、「この人なら……!」と添削をお願いしたい人を選びましょう。

ココナラにいる志望理由書添削のプロを厳選!


ココナラには志望理由書に精通したプロなど、書き方に関わるアドバイザーが多数います。
あなたが最適だと思う添削のプロを、多くの出品者の中から選ぶことが可能です。

編集部
本記事でご紹介する添削のプロは、多くの合格実績がある人ばかりです。
気になる出品者がいれば、まずは相談してみてください。

❶大学入試・大学院入試全般で対応可能

  • 金額:4,500 円
  • お届け日数:3日(予定) / 約18日(実績)
  • おすすめポイント:大手通信教育会社で、10年間大学院入試の論文添削サービスの講師をしている方です。1回のご購入で3回まで志望理由書を提出できます。

志望理由書の添削、アドバイスします 大学入試、大学院入試、専門学校を受験される方に

❷経済・経営・商学に特化した添削サービス

  • 金額:10,000 円
  • お届け日数:15日(予定) / 約10日(実績)
  • おすすめポイント:元国立大学准教授の方が専門知識を生かして、確実な合格レベルの志望理由書・研究計画書になるように添削してくれます。

大学編入・大学院の志望理由書、研究計画書添削します 元国立大学の准教授が添削!(経済・経営・商学系)

❸心理学系特化の志望理由ならお任せください

  • 金額:14,000 円
  • お届け日数:要相談 / 約17日(実績)
  • おすすめポイント:東大大学院を卒業した方が、現役心理士らしい柔らかなやり取りと言葉遣いでサポートしてくれます。

心理系大学編入・大学院の試験対策サポートします 編入経験あり、東大大学院卒が志望理由書、研究計画書を添削

❹医学部系の志望理由書添削ができます

  • 金額:3,000 円
  • お届け日数:要相談 / 約7日(実績)
  • おすすめポイント:医学部学士編入経験のある方が、自身の経験を元にした大学にあった志望理由書の書き方を伝授してくれます。

医学部学士編入の志望理由書、推薦書案を、添削します 元医学部学士編入生が志望理由書案を添削

❺理系全般の添削サービスを展開中

  • 金額:1,000 円
  • お届け日数:3日(予定) / 約3日(実績)
  • おすすめポイント:「相手に伝わる」「魅力的な」文章になるように、某研究機関に所属する研究者であり高校教員免許を取得されている方が添削してくれます。

理系の博士が小論文・志望理由書などの添削します 理系の博士がしっかりアドバイス

❻教育の大ベテランによる添削サービスなら!

  • 金額:1,000 円
  • お届け日数:要相談
  • おすすめポイント:中高一貫の学校で30年以上にわたり、受験生の指導を行っている方です。コーチングの手法を用いた面談を年200回以上行い、数々のサポート合格実績があります。

大学入試の志望理由書、添削します 現場経験の長い教員が、添削します

❼志望理由の見つけ方から徹底指導します

  • 金額:10,000 円
  • お届け日数:要相談
  • おすすめポイント:AO入試で大切な「教授の研究テーマ」を軸にしたサポートをココナラプラチナランク保有の方がしてくれます。

志望理由書【AO入試】の作成・添削します 志望理由の見つけ方から指導します。

❽推薦入試から帰国子女枠入試まで対応できます

  • 金額:3,000 円
  • お届け日数:要相談 / 約7日(実績)
  • おすすめポイント:海外に留学した日本人高校生の進路指導に10年以上携わっている方です。自分でも気づかないその人らしさを見つけるお手伝いをしてくれます。

大学入試の志望理由書等の出願書類の添削をします 帰国入試・AO入試・社会人入試等で受験される方へ

❾現役国語教師兼Webライターの添削サービス!

  • 金額:1,000 円
  • お届け日数:要相談
  • おすすめポイント:現役で国語科教員として勤めながら、Webライターとしての執筆もおこなっている方です。特に急いでいる方は、お急ぎ無料で対応してくれるのでおすすめです。

お急ぎ無料!現役国語教師による文章添削承ります 履歴書・志望理由書・小論文・作文、何でもOK!面接対策も

➓受験・就活の志望理由全般対応します

  • 金額:5,000 円
  • お届け日数:2日(予定) / 約4日(実績)
  • おすすめポイント:早稲田大学を卒業し、大学院修士課程に在学しながら大手通信教育企業での小論文・志望理由書の指導実績があるプロの方です。

小論文・志望理由書・エントリーシートの添削をします 早稲田大卒の小論文・志望理由書指導のプロが添削します

大学合格を志望理由書の添削のプロが後押しします!

志望理由書 添削 まとめ

志望理由書というのは、文章だけで今後の人生が決まるとても大切なものです。
対策は万全に、悔いの残らないようにしましょう。

大切な志望理由書、プロの力も借りながらしっかり仕上げることが大切。
筆者は陰ながら、みなさまの成功を心から応援しております!

ABOUT US

Ren
ココナラマガジン編集部ライターのRenです! 趣味は一人旅、カメラ、ドライブ、アルペンスキー、ディズニーe.t.c.、 広く深く趣味を楽しんでいます。 最近はプログラミング学習に力を注いでおり、先日“Python3エンジニア認定基礎試験”に合格しました。 皆様の生活をより良くできる様な記事執筆を目指します。 どうぞよろしくお願い致します。
ココナラを詳しく見る