【家庭菜園の始め方】初心者でも育てやすい野菜は?必要なものって?

とれたての野菜を自宅で楽しめる家庭菜園。ベランダでも、小さなお庭でも十分楽しめる、初心者さんにぴったりな野菜をご紹介します!それぞれの育て方のコツから、失敗したときの相談先まで掲載。この機会に、楽しい美味しい家庭菜園を始めてみませんか??

家庭菜園には何が必要?

    
家庭菜園を始めるにあたって重要なのが、野菜を育てる環境
どんな場所が家庭菜園に適しているのでしょうか。
また、どんな道具をそろえる必要があるのでしょうか。

家庭菜園に適した環境とは?

野菜を育てるのに必要な条件はこの2つ。

・良い日当たりであること
・良い風通しであること

このポイントをおさえた場所選びをしましょう! 

❶良い日当たりであること

野菜の成長には、太陽の光が大切です。
屋内でも育ちますが、直射日光が当たる屋外のほうがベター◎

❷良い風通しであること

野菜を育てるのには風通しの良さも重要。
自然な風が野菜に当たる場所で育てましょう。

場所別の注意点

・ベランダ

ベランダは、庭や畑などの広い場所を持っていなくても、気軽に家庭菜園に挑戦できる場所です。
日当たりと風通しがいいベランダなら、畑のように栄養たっぷりな野菜を育てることができます。

大切なのは鉢やプランターの大きさ
環境が良くても、野菜がのびのびと育つことのできる場所がなければいけません。
育てる野菜に十分な大きさの鉢・プランターを選びましょう。

また、強風対策も必須。 風で葉が擦れ合うと光合成が不十分になり、成長に支障をきたす場合も。 支柱を立てて野菜を支えるなどの対策が必要です。

・庭

根を伸ばして大きく育つ野菜。
鉢やプランターよりも広々としており、庭は野菜にとって最適な環境です。
しかし影になることが多く、いつもじめじめしている場所はNG。
明るくよく日の当たる場所を選びましょう。

庭で家庭菜園をする場合には、土が大きなポイントとなります。
野菜を育てるスペースの土を耕し、栄養のある土に入れ替える必要も。

屋外は虫もつきやすいため、防虫対策もしっかりとしましょう

・キッチンなどの屋内

基本的に、屋内は野菜が育つのに適していません
太陽の光が足りず、風通しも十分でないためです。
エアコンの風も植物は苦手。

そんな室内でも簡単に育てやすいのが、葉野菜やハーブ
ベビーリーフなども収穫時期が早いため、失敗しにくくおすすめです。

必要な道具

初心者さんが家庭菜園を始めるときは、次のものを用意しましょう。

◯プランター  
 育てる野菜のサイズに合ったものを選びましょう。
◯野菜用の培養土  
 野菜が育つのに十分な肥料が含まれている用土です。
◯鉢底石  
 プランターや鉢の底から用土が流れてしまうのを防ぎます。  
 水はけを良くする効果も。
◯鉢底ネット  
 プランターや鉢の底から用土が流れ出るのを防ぎます。
◯ジョウロ  
 水やりに必要です。
◯支柱  
 ミニトマトやソラマメなど、生育に合わせて支柱が必要になる野菜があります。

初心者でも育てやすい定番野菜5選


家庭菜園に定番な野菜と育てる際の注意点をご紹介。
どの野菜も簡単に育てることができるため、家庭菜園初心者さんにおすすめです。

トマト

ビタミンCやリコピンなどが含まれており、栄養価がとっても高いトマト。
狭いスペースで栽培することができ、初心者でも栽培しやすい野菜なんです。

<栽培方法>

できるだけ大きなプランターで栽培しましょう。
実が小さく、小さなプランターを選びがちですが、それでは多くの実がなりません。

<種まき・苗植えの時期>

4月から5月前半に植えるのが適しています。
収穫時期は花が咲いて1ヶ月半後です。

キュウリ

夏に嬉しい野菜で、1度の収穫量が多いキュウリ。
温度と日当たりを気をつければ、ベランダでも育てやすい野菜です。

初心者さんにオススメなのが、ミニキュウリ。
病気に強いため、気にしすぎる必要がありません。

 <栽培方法>

丸型なら深さのあるものを用意。
プランターなら、ある程度大型のものが必要です。

<種まき・苗植えの時期>

4月から7月の暖かい時期に種まき・苗植えをします。
花が出てから1週間という短期間で実がなるため、毎日観察することを忘れないようにしましょう。

キュウリの育て方教えます 自身でキュウリを育てて見たい方必見です!

ナス

プランターで栽培でき、失敗の少ないナスは初心者にピッタリ。
育てる過程や収穫時も楽しく、どんな料理にも使える野菜です。

夏の暑さに強く、秋頃まで収穫できるのもおすすめポイント。

<栽培方法>

深型プランターを用意しましょう。
長い期間の栽培となるため、よく根を広げます。
小さいプランターでは根詰まりを起こすこともあるので、できる限り大きなプランターを選びましょう。

<種まき・苗植えの時期>

4月下旬から5月中旬頃に行います。
ナスは寒さが苦手なため、気温が暖かくなってから種まき・苗植えをしましょう。

小ネギ

薬味として欠かせない小ネギは、小さめなプランターで栽培可能。
暑さにも弱さにも強く、初心者でも育てやすい野菜です。

<栽培方法>

浅めのプランターでOK。

<種まき・苗植えの時期>

暖かい7月から11月がベストな時期。
1ヶ月程で成長します。

バジル

様々な料理に活用できるバジルは、その育てやすさから、自宅栽培に適したハーブとして有名です。 日当たりが良い場所を選べば、庭だけでなく室内でも簡単に育てることができます◎

<栽培方法>

プランターでの栽培がおすすめ。
幅のあるプランターに間隔をあけて育てましょう。

繁殖力がすごいので地植えは危険です。

<種まき・苗植えの時期>

バジルの種の発芽温度は20度以上です。
4月から6月頃が種まきや苗植えの適期になります。

野菜を育てるときに気を付けること

防虫対策

せっかく育てた野菜に虫がついてしまったら、ショックですよね。
快適に家庭菜園を楽しむためにも、防虫をしっかりとしましょう。

1番簡単な防虫対策は、プランターに害虫ネットをはることです。
害虫ネットもさまざまな種類があります。
自分が育てているスペースに合わせて設置することが大切です。

また防虫対策に最も肝心なのが「毎日のチェック」
毎日数分でも目をかけることで、野菜への被害が大きくなる前に対処できます。

水やり

家庭菜園で失敗する一番のポイントは「水やり」。
基本は1日1回、朝にたっぷりと与えます。
植物は午前中に盛んに光合成を行うので、活動をし始める朝8時ごろに与えるのがGOOD。
プランターや鉢で育てている場合は、プランターの底から水が流れ出てくるくらいたっぷりと与えましょう。

水をかける場所は、基本的に土です。
日差しの強い日に葉に水をかけてしまうと、葉焼けを起こす可能性があるため注意が必要です。

水を頻繁にやりすぎることも、枯れてしまう原因になります。
土の中に水分が多い状態が続くと、根は呼吸できず腐ってしまいます。
また、カビなどの菌も増えやすくなり、野菜が枯れたり腐ったりする原因となります。

最初は苗から

初心者さんは、種からではなく苗から育てましょう!
種から育てるのには過程も多くコツが必要。
まずは苗を買い、慣れてきたら種からチャレンジしましょう。

なかなかうまく育たない……


 「水やりも肥料も気をつけているのに、野菜が元気に育たない!」
野菜によって必要な環境は様々ですし、家の環境も人それぞれ。
ピッタリの解決策を見つけるのは大変ですよね。

野菜にトラブルが起きたときは、ココナラで相談しましょう。
農業の知識に精通したアドバイザーが、あなたの環境に合ったアドバイスをいたします。

これから育てたいと思っている方でも大丈夫!
環境に合った野菜や、育て方のアドバイスを受けてみませんか?

野菜作りや果物作り家庭菜園全般のご相談を承ります 家庭菜園から本格的な農業まで疑問にお答え致します。

色々な家庭菜園、ベランダ菜園アドバイス致します 多種多用に貴方のスペース、環境に合った野菜、果物を

農業の栽培に関することや機械の選び方の提案します 家庭菜園などのアドバイス等も受け付けております。

お野菜が上手に育たない理由と対策を教えます 野菜作りに失敗してがっかりしている方をお助けします!

まとめ


小スペースで始めることができ、初心者でもチャレンジしやすい家庭菜園。
気を付けることは多いですが、一生懸命育てた野菜はとっても美味しく感じるはず!

まずは育てやすい野菜を選び、楽しい家庭菜園をスタートさせてみませんか?

ココナラを詳しく見る