【申請しないともらえない給付金】産休・育休時にもらえる給付金について

記事
法律・税務・士業全般
妊娠が分かり、いよいよ産休に入ろうと思った瞬間、あれ?産休・育休中にもらえる給付金ってどんな種類があるんだっけ・・??提出先は?もらえる期間は?・・・・などなど不安に思われる方もいるかもしれません。
ここでは、そのような方に向けて簡単にブログでまとめさせていただいております。
これから産休に入るから勉強したいけど、何から調べればわからないといった方がおりましたら、ぜひ参考にしてください!

|産休前|

■妊婦健診の補助
妊娠は病気ではないため、妊婦健診にかかる費用は全額自己負担になります。しかし、それでは経済的な負担になってしまうため、各自治体は妊婦健診にかかる費用の一部を助成する制度を設けています。
自治体から交付される受診票を、医療機関の受付へ提出することで、所定の検査にかかる費用が助成され、病院の窓口で支払う診療代の負担が軽減されるしくみです。

『1回いくらくらいの補助なの?』
1回につき4000〜10,000円程度が支給されます。
妊娠中は妊婦健診を受けるため、通常は14回くらい病院に通うことになるため、かなりの経済的負担になります。
そのため妊婦健診の費用は住んでいる自治体から一部助成してもらうことができます。

『申請方法は?』
まず、妊娠が確定したら自治体の窓口に妊娠の届出を行います。
そのときに母子手帳などと一緒に、自治体からの助成金で妊婦健診を受けられる補助券をもらいます。「妊婦健康診査費用補助券」などの名称で、補助券が冊子状になっているのが一般的ですが、もし貰えなかった場合は、自治体窓口に問い合わせしてみましょう!

『支給方法は?現金振り込み?』
補助券を病院の窓口に提出することで、妊婦健診の費用から助成額が差し引かれる仕組みです。
助成金の金額は住んでいる自治体によって違いますが、検査項目の多いときなら1回あたり1万円程度、通常の健診なら1回あたり4000〜5000円程度が一般的です。※補助券の枚数や金額は自治体により異なります。

※参考
健診費自己負担は、合計で5万円程度かかりります。
検査項目が多いときには、助成額を差し引いても1回で1万円以上の支払いが発生することもありますので、ある程度お金がかかるという事は認識しておいた方がいいでしょう。

傷病手当金

傷病手当金は、病気やケガで休業した方やその家族の生活を保障するための制度です。健康保険の被保険者本人が、業務とは関係のない病気やケガで仕事を3日以上連続で休んだ場合(この3日間を待機といいます)、4日目以降の仕事を休んだ日に対して、保険組合の審査後に傷病手当金が支給されます。3日間連続で休んだ後、4日目は出勤して5日目以降再び休んだ場合なども支給対象となります。ただし、休職中も給与が支払われている場合は、傷病手当金は支給されません。支払われる給与が傷病手当金より少ない場合は、傷病手当金と給与との差額分が支給される制度となっております。
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:3,565文字 / 画像3枚
【申請しないともらえない給付金】産休... 記事
法律・税務・士業全般
500円
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す