〜過去140年分のデータを追跡〜 売れるタイトルの作り方

記事
ビジネス・マーケティング
2人が購入しています
user
アカデミア。
2人が購入しています
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
この記事はキャッチコピーの書き方ではなく、あくまでも様々な業種の中で効果があったキャッチコピーを紹介しています。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


この記事を読んでいる方は自分で記事を書いたりされている方が多いと思います。
記事を書いている人なら誰もが1番悩むのが、
「タイトル・見出し」 です。

この見出しがドンと決まるとその後の内容は、そこまで凝ったものにしなくてもいいと言われているほど、「キャッチコピー・見出し」は大事です。

見出しを制するものは記事を制するということです。
私もTwitterを見ていると、

・人を動かす言葉の書き方をお伝えします!
・コピーライターが実践している〇〇のテクニック!

など、
テクニックを発信している人がとても多く見られます。

確かに、人を動かせる文章を書けたら自分の記事がバンバン売れるだろうな。

こう思う気持ちはわかります。

しかし、実際にコピーライターの人たちは何十時間、何百時間も文章と向き合ってそれでやっと文章を書けるようになるものです。

プロのコピーライターでさえ、それほどの時間を費やしてやっと手に入れたスキルを一般人の私たちがちょっとやそっと勉強したからといってできるとは思えません。

では記事を書くのを諦めないといけないのかと言われるとそれも違います。
先人達の残してくれた武器を使えばいいだけです。

もう少し簡単に言います。

「パクればいい」だけです。

「パクる」だけでプロのコピーライターが何百時間かけて身につけたスキルを誰でも使えて同じような効果を出すことができるのです。

「パクるなんて汚い手段だ!」
「そんなんで上手くいっても自分の実力じゃない!」

そう感じる方も中にはいらっしゃると思いますが、世の中のほとんどのものは「パクる」ことで良いものに変わっています。

例えば世の中のほとんどの人が毎日のように使っているLINEです。

今でこそLINEが当たり前のように普及していますが、その前はmixiというものが主流でした。

ですが今はその名前も聞くことはほとんどなくなり、LINEが先頭を走っているような状態です。
つまり、実際にうまくいっている会社ほど、この「パクリ」を使っているのです。

パクることのメリットは、


① コストがかからない
② 0→1にする手間がないのでサービスを追加しやすい
③ 再現性が高い


といった感じです。
「パクる」ことについて悲観的になる必要はないということですね。

この記事では、実際に使われて効果があった「キャッチコピー・見出し」の紹介。逆に効果がなかったものも一緒に紹介していきます。
ですからあなたは、ここで紹介する「キャッチコピー・見出し」を少しだけアレンジして実際に使えば良いだけです。

例として、

ダイソンの掃除機
吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機
   ↓   ↓   ↓

100年経っても変わらない、ただひとつの人を動かす言葉


このように自分の商品とマッチしそうなコピーを選んで、部分的に言葉を変えるだけでコピーが出来上がります。


効果があったものを156個、効果がなかったもの40個紹介していきます。
膨大な量ですが、あなたの役に立つことをお約束いたします。



この続きは購入すると読めるようになります。
残り:4,685文字
〜過去140年分のデータを追跡〜 売... 記事
ビジネス・マーケティング
500円 2人が購入しています
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す