【セルフブランディング】自分の強みを知る!効果的な方法とおすすめのサービス9選

【セルフブランディング】自分の強みを知る!効果的な方法とおすすめのサービス9選

就職・転職活動や自己肯定感を高めるために役立つセルフブランディング。言葉を知っていても、きちんと実行したことがある人は少ないのではないでしょうか。そこで今回は効果的なセルフブランディングの方法と、自分をよく知るためにおすすめのサービスを紹介します!                   

セルフブランディングとは?

セルフブランディングとは?

セルフブランディングとは、自分の価値を高めて様々な場所でアピールすることを指します。

・就活や転職なら面接官に自分の価値を感じてもらい、内定につながりやすくなる
・自己分析して強みと弱みを見つけ、自分のアピールポイントを見つける
・個人事業主として働く際に肩書きを決めて、自分自身を商品に見立てて営業する
・TwitterなどSNSを運用してファンを作ったり、自分の商品を買ってもらったりする

このような活用方法があります。

Yuri
特に年が変わるタイミングでは、新たな目標を樹立する人が多いと思いますので、セルフブランディングを試してご自身の向かう方向性を固めるのもいいかもしれませんね!

セルフブランディングのメリット・デメリット

セルフブランディングのメリット・デメリット

セルフブランディングは基本的にメリットが大きいのですが、方法を間違えるとデメリットになり、自分の幅を狭めることになってしまいます。
メリットとデメリットをそれぞれ詳しく見てみましょう。

セルフブランディングのメリット

セルフブランディングのメリットはライバルとの差別化になること、自己分析ができること、相手に価値を感じてもらいやすくなることが挙げられます。

ライバルとの差別化になる

セルフブランディングをうまくできると、自分の強みを明確に伝えられるようになりライバルと差別化できます。

Yuri
たとえば個人事業主なら「Web制作ができる」だけでなく「Web制作とマーケティングをかけ合わせて売上を5%上げる」と、具体的なところまで踏み込んだアピールが可能です。

ライバルと差別化するためには、複数のジャンルを組み合わせることや自分のキャラクターを出してブランディングすることが必要になります。
他の人と同じにならないために自分にどんな価値が出せるか、じっくり時間を取って考えてみてください。

自己分析ができる

セルフブランディングを進めると自分について理解が深まり、自己分析が十分できるようになります。
今までの人生における成功体験や印象に残った思い出などを振り返り、自分のいいところ・悪いところを洗いだしていくからです。

就活で「自己分析をしましょう」と言われて戸惑った人もいると思いますが、自己分析には正しい方法が存在します。
後ほど紹介するココナラのサービスも活用いただき、ぜひご自身への理解を深めてくださいね。

相手に価値を感じてもらいやすくなる

セルフブランディングでは「自分の肩書き」を考えてアピールする方法を考えるため、相手に価値を感じてもらいやすくなります。
たとえばSNSのブランディングなら「何をしている人なのか」がわからないと、自分の商品を作ったところで興味を持ってもらえないでしょう。

Yuri
肩書きに「Webエンジニア」などやっていることを入力してそのうえで実績を作っていけば、同じような場所を目指す人が集まりやすくなります。

セルフブランディングのデメリット

セルフブランディングの方法を誤ると価値を感じてもらいにくくなったり、自分の将来の選択肢が狭くなってしまったりする可能性があります。
失敗しないために、以下の2つのポイントを抑えておきましょう。

方向性を間違えると伸びづらい

セルフブランディングする際は方向性が間違っていないかをチェックする必要があります。

注意
たとえば縮小している市場に飛び込んでも、そこにいる人々や市場に流れてくるお金が少なければ成功するのは難しいでしょう。
時代の流れを見て、自分がセルフブランディングに使う市場が伸びているかどうかを見極めることが必要です。

自分の選択肢が狭くなりやすい

セルフブランディングをすると、特定の分野に絞ることが多くなるので選択肢が狭くなってしまう可能性があります。
たとえばデジタル系の分野で成功したいと考えていても、自分がまったく興味を持てなかったら勉強することが億劫になってしまいます。
その分野を楽しめるなら問題ありませんが、自分の気持ちが追いついていないジャンルでセルフブランディングをしても逆効果となるでしょう。

あくまでもセルフブランディングは方向性を決めるだけなので、上手くいかなければ一旦立ち戻って新たなジャンルや肩書きに変更してみましょう。 
柔軟に路線を変更することが、自分の価値を高める近道になります。

セルフブランディングを成功させる方法

セルフブランディングを成功させる方法

ここからはセルフブランディングを成功させるための4つのステップを紹介します。
実例をまじえてお話しますので、ぜひ手を動かしながら進めてみてください。

①自分の過去を洗い出す

まずは自分の過去を洗い出してみましょう。

幼稚園・小学校・中学校・高校・大学・社会人(20代、30代・・・)と、印象に残ったことやどんな出来事があったかを書き出してみてください。
人に褒められたことや好きだったこと、何かに成功したことを思い出すと、自分の得意なものが見えてくるかもしれません。
またそのときにどんな人になりたかったか、将来の夢なども思い出してみると、自分の軸を見つけるきっかけになります。

②強みをピックアップする

次は洗い出した過去を見て、自分の強みをピックアップする段階です。

たとえば小学校のときから作文がたびたび入賞していたり、書いていた日記が自分の支えになったりしていたなら「文章を書く」という視点でブランディングをしてみるといいかもしれません。 

特定のスキルが見つからなくても「他の人をサポートすることが好き」や「他の人がやっていないことに挑戦するのが好き」といった、自分らしい考え方やスタンスをピックアップしてみてもいいでしょう。

③社会でどのように役に立てるか考える

強みをピックアップしたら、それらがどのように社会で役に立つか考える段階です。

セルフブランディングの肝は「誰かの役に立つこと」なので、仕事やビジネスに落とし込んだときにどのような価値が発揮できるか明確にしてみましょう 

たとえば文章を書くことが好きならライターになって人の役に立つ情報を届ける、出版社で働いて尊敬する人の本の制作に携わる、などの選択肢が出てくると思います。
自分の好きなことがどのように世の中の役に立つのか、複数の選択肢を考えてみてください。

④自分の肩書きを決める

最後は自分の肩書きを決める段階です。
一言で魅力や価値が伝わるようなコピーを考えてみましょう。

たとえば「ITリテラシーの向上をお手伝いするアドバイザー」のように、相手がどのようなメリットを受けられるのか具体的に示すことが大切です。

Yuri
肩書きが決まると、それに向かってどのように活動してきたのか、過去の経緯などを話しやすくなり、端的に主張が伝わりやすくなります。

セルフブランディングの方法はココナラで知ろう!

セルフブランディングの方法はココナラで知ろう!

ここまでセルフブランディングの方法やメリット・デメリットについてお伝えしました。
とはいえ「一人でセルフブランディングをやるのは難しい……」と感じる人もいると思います。

ココナラでは自己分析などセルフブランディングに役立つサービスを出品している方がいます。
ぜひ、セルフブランディングに精通した方と一緒に強みを見つけてみてください!

国家資格保有者があなたの強みを見つけます

ストレングスファインダー分析&悩み解決します 国家資格保持者の分析&2週間サポートで強みを活かせる自分に!

心理検査を使って自己分析をしましょう!

心理検査を使ってあなたのトータル自己分析をします 40ページ以上のボリューム!あなたの自己理解書を作成します!

自分は何者なのか?を知りたい人におすすめ!

根本自己分析 であなたの適性を見つけ出します 就職・転職でお悩みの方、自分自身をもっと知りたい方へ

キャリアに迷っている人の自己分析に!

3セッション・仕事相談・強みを知る自己分析をします キャリアを横軸・縦軸で捉え、強みとやりたいことを統合します。

仕事観を知って後悔しないキャリアを!

仕事観を知り、後悔のない転職・キャリア選択にします 自分の価値観からピッタリの仕事がわかる徹底 自己分析!

あなたの魅力を見つけるお手伝いをします

あなたの魅力発見のためのコンサルティングをします 売りとなる魅力のコアを見つけ、セルフブランディングを応援

インタビューを通して強みを見つけます!

ストレングスファインダーでコーチングをします Gallup認定ストレングスコーチによるパーソナルコーチング

強みを見つけるキャリア相談を行います

強みを見つけてキャリアを成功させるコンサルをします 成功する就職、転職、昇進、キャリアアップの方法をお話します

あなただけの脳の取説をお渡しします

あなた本来の強み・魅力・才能を脳から引き出します 個性脳識別学に基づいたあなたの脳を最適化する取説完全版を発行

セルフブランディングの方法を知ってうまくアピールしよう!

セルフブランディングの方法を知ってうまくアピールしよう!

今回はセルフブランディングのメリット・デメリットや具体的な手順を紹介しました。
来年に向けて、自分の強み・弱みを知ってどのように行動するか決めてみてはいかがでしょうか?
ココナラのコンサルティングや自己分析サービスを使っていただき、自分の価値をアピールする場でぜひ活かしてみてください。

ココナラを詳しく見る