パロディの結婚式ムービーを作るには?注意点や作成方法を解説!

ゲストを招いて結婚したことをお披露目するパーティー的な立ち位置にある「披露宴」。そこで流れる結婚式ムービーは、感動なものもあれば、会場を爆笑させるようなものまでさまざまです。中でもオープニングで採用されるパロディは非常に人気が高いのですが、実はけっこう作ってもらいにくいジャンルなのです

パロディムービーとは?

結婚を控えた男女

そもそも「パロディ」とは何のことなのでしょうか?
言葉は知っていても、いまいちピンときていない人も少なくありません。
パロディムービーの定義を説明するとともに、結婚式のどのタイミングで採用されるのかを説明します。

何かの映像のマネをしたもの

パロディムービーとは、何かのテレビや映画、CMをマネしてつくられたムービーのことです。
完全に同じものではなく、出演者を別のキャラクターにしたり、セリフをアレンジしたりすることが多い印象です。
基本的には会場全体に笑いを届ける内容が多いのも特徴でしょう。

ただし、パロディムービーは面白いものだけではありません。
真面目なテイストで作り上げて感動させるものも、何か題材となる映像素材があれば立派なパロディムービーです。
「パロディ=面白い」の先入観は取り払ってもいいでしょう。

結婚式では披露宴で採用される

真面目な雰囲気の結婚式で、いつパロディムービーを挟むのかと言われれば、それは披露宴です
懇親会的な意味も込めた披露宴でなら、面白おかしいムービーを流しても違和感はありません。
余興としての側面もあり、新郎新婦の友人や同僚がサプライズで流すこともありますが、披露宴開始の合図として流されるオープニングに採用される場合が多いようです。

とにかく出席している全員になごんでもらったり、アイスブレーキングにはうってつけの素材なのです。

パロディムービーも思い出の一部になる大事なのも

新郎新婦を紹介する際に使われる結婚式のパロディムービーですが、もちろんこれも大事な結婚式の一部。
誰かを不快にさせたり、傷つけたりする内容ではいけません。

結婚式が思い出に残るのはなにも新郎新婦だけではありません。
新郎新婦の両親や親戚、仲のいい友人など、数え上げればきりがありません。
その人たちも一緒に楽しめる内容であることが大事な条件なのは言うまでもないでしょう。

結婚式でパロディムービーを流す注意点

結婚式でムービーを流す人

結婚式の披露宴で場を和ませるためにぜひ採用したいパロディムービー。
しかし、さまざまなポイントに気を付けないといけないのもまた事実なのです。
特に作ってもらう段階で、若干苦労するかもしれません。

著作権に要注意!

いうまでもなく、パロディムービーには元ネタになる映像が存在します。
その元ネタの著作権を侵害する恐れがあるような内容は絶対にNGです。

また、そもそもの話として、結婚式場で放映するような映像や音楽は著作者の許可が必要です。
音楽であればJASRACなどの著作権管理団体に確認すれば良いのですが、映像は管轄していません。
事前にどこに問い合わせればいいか、使っていいかどうかを式場に確認しておきましょう。

過度な演出はNG

パロディムービーは確かに場をなごませる役割はあるものの、あまり過激な内容にしてはいけません。

著作権的にもそうですが、放映する場は結婚式というお祝いの席です。
シンプルに仕上げても面白くない気持ちはわかりますが、かといってあまり極端に過激にしても仕方ありません。
節度を守ったパロディムービーが望ましいでしょう。

パロディムービー制作してくれない制作会社も

とはいえ、どこまでが節度を持った内容なのか、難しいのでプロに依頼しようという人もいるでしょう。
しかし、結婚式ムービーを制作する会社の中には、権利の複雑さから請け負ってくれないところもあります。
仮に請け負ってくれたとしても、著作権の申請に関する法的な事務費用が請求されることもあります。

また、パロディムービーは完成してもYouTubeなどで公開しないほうがいいでしょう。
万が一第三者の権利を侵害していた場合、大きなトラブルに発展しかねません。
見てほしい気持ちはわかりますが、できればパロディムービーのアップロードは控えておいた方がいいでしょう。

パロディの結婚式ムービーを作る方法

パロディムービーを作る準備物

結婚式でつかうパロディムービーを作る方法は、ほかの映像とは少し事情が異なります。
複雑な権利の問題があるため、なかなか難しい領域でもあるのです。

制作会社は著作権の関係でNGの場合がほとんど

前述しましたが、制作会社の中にはパロディムービーだけはNGという場合もあります
権利の問題が複雑で、中には依頼者の希望に沿えない可能性があるからです。

依頼する側にもメリットがあまりないのが特徴です。
製作費がかかるのはもちろん、納期が後倒しになったりすることも珍しくありません
依頼を請け負ってくれるところもありますが、無理に制作会社にこだわる必要もないでしょう。

自作する際も著作権などに要注意

権利問題は何も制作会社だけの問題ではありません。
自作する場合も同様に、さまざまな権利の問題が絡んでくるからです。
特に自作となれば、映像そのものだけではなくBGMの権利も自分で取らなければなりません。
そうなればさらに手続きやと合わせ先は複雑になるでしょう。
時間に余裕がないのであれば、パロディムービーの自作はおすすめしません。

ココナラであれば相談可能な場合も

これではパロディムービーを作れない……、ちょっと待ってください!
ココナラで結婚式のパロディムービーを依頼できるのを知っていますか?

権利の問題などが複雑ですが、それらをクリアしたりOKをもらったりクリエイター側がしてくれることもあります。
要確認にはなりますが、もし一括で請け負ってくれてくれているならこれ以上ありがたい存在はありません。
もしパロディムービーを依頼したいのなら、ココナラも検討材料に加えてみてはいかがでしょうか?

ココナラのパロディ結婚式ムービー作成クリエイター10選

クリエイターが使う機材

ココナラで結婚式用のパロディムービーを依頼できるクリエイターを10人紹介します!
いずれのクリエイターも人気が高いので、まずはどんな内容ならできるかを相談してみるのもいいでしょう。
予算との兼ね合いもお忘れなく!

急ぎの依頼でも対応可能です

出品者情報
・余興ムービーはネタ出しから相談可能
コロナで結婚式をあきらめた新郎新婦に向けたプレゼントにも
・料金:5,000円

お急ぎOK★結婚式・披露宴で流す余興動画を作ります メッセージ集からパロディまで何でもご相談ください!

アニメや特撮好きなら注目したい動画クリエイター

出品者情報
・映像制作歴30年のプロが作成
派手なものからシンプルなものまで製作可能
・料金:35,000円

アニメ風!結婚式映画風オープニング制作します お二人のお好きなアニメや映画のパロディを結婚式オープニング

デザイン重視のパロディムービー!

出品者情報
・結婚式だけではなくさまざまな用途での依頼が可能
テレビ番組のようなクオリティでお届け
・料金:12,000円

デザインを重視した高品質な動画をお作りします 結婚式パロディやMV、テレビ番組のような映像をお求めの方に!

数々のアニメパロディムービーの制作実績あり

出品者情報
・アニメパロディムービーに強み
フルオーダーでの依頼も可能
・料金:15,000円

貴方の好きなアニメで結婚式OPパロディを作ります ル〇ン4世も名探偵〇ナンもワン〇ースも作ります

動画編集が本職のクリエイターが作成します!

出品者情報
・現在上映中の作品でなければ相談可能
結婚式はもちろん、誕生日などでも
・料金:5,000円

パロディのサプライズ動画作成いたします 結婚式、誕生日、文化祭、歓迎会何でもあり!

短納期でも一度ご相談ください

出品者情報
本格的でもパロディでも対応可能
・問い合わせでサンプルの閲覧も可能
・料金:30,000円

本格的&パロディなど結婚式動画各種作成します 納期が無い方も気軽にご相談ください!

著作権申請も対応いたします

出品者情報
・オーダーメイドでの作成も可能
著作権申請もクリエイターに任せられる
・料金:20,000円

結婚式余興ムービーをDVD納品付きの価格で作ります 音楽の著作権申請にも対応!その他ムービーもご相談ください!

予算内で素敵なムービーがほしい方へ

出品者情報
・パロディムービーも対応可能
制作完了まで2週間とわかりやすい納品目安
・料金:5,000円

結婚式オープニング動画ます 予算内で素敵に、可愛く仕上げたい方へ!

バラエティ番組風の結婚式ムービーなら

出品者情報
アニメ風のパロディムービーも作成可能
・結婚式以外のPR動画や余興動画も制作します
・料金:40,000円

普通は嫌!面白くてかっこいい結婚式動画を作ります 今までで一番面白かったと言われる結婚式にしませんか?

爆笑の結婚式オープニングムービーなら

出品者情報
・テレビのオンライン編集に携わってい実績あり
結婚式から歌ってみた、忘年会動画とさまざまな経験がある
・料金:15,000円

映画泥棒風 結婚式オープニングムービー作ります 結婚式披露宴を爆笑させたいあなたへ

パロディ結婚式ムービーはココナラへ

結婚式で盛り上がる新郎新婦

パロディムービーは世代を問わず反応が得られる貴重なツールです。
披露宴でのアイスブレイクやひと笑いには欠かせない存在でもあります。
質の高いパロディムービーを依頼したいのであれば、ココナラでクリエイターを探しましょう。
きっと素敵なクリエイターが見つかるでしょう!

ココナラを詳しく見る