【塾なし合格ワザ】算数が劇的に伸びた10の勉強法-その7-鬼6,000問編

記事
学び

算数が伸びない、スランプじゃなくてそもそも伸びない

算数ってどこか閾値を越えないと
伸びしろがあってもイマイチ結果に結びつかず。。。
手元の問題集は、妙に難しいか、解説が不親切か、量が多いだけの
なんだか毎日やってて不安になるものばかりでした。

「算数ってやればやるほど、できるようになるんじゃないの?」
でも、毎日進歩している気がしない。これってなんでなのでしょう。。
スランプなんかじゃないんです。スランプってのは、できる人が
できなくなる迷い期みたいなものです。

ウチはそもそも、できない。算数の問題集の計算部分しかまともにできない。
塾でも習うような、応用的なことが全くと言っていいくらい
解くという入口にも立っていないそんな5年生の夏休み終了ごろ。
そこでこんなにとんでもない問題集に出会ったのです。

この問題集なくして、合格はなかった

「下剋上算数」(産経新聞出版)
2.jpg

言わずと知れた名著・名問題集。問題のチョイスがいい。1回10問の良問が100回分あります。1回の目標解答時間は10分。これがキツイ。最初は時間を気にせず、2回目は、少し意識して、3回目に10分以内を必須に。4回目にはだいたい9分程度で解けるように。5.6回目はそんなに早くはならなかったけど、正答率はぐんとアップ?

え?何言ってるって?下剋上算数のタイムアタックと正答率の話ですよ。
6回目と聞いて、取り組んでいる方は驚くと思います。

そんなにやっても、偏差値40が55になるだけやん、と言われますが
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:2,955文字 / 画像1枚
【塾なし合格ワザ】算数が劇的に伸びた... 記事
学び
500円
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す