今日はさすがに上げ一服!? 買われすぎ銘柄の修正安はあるのか?

記事
マネー・副業
日々是相場 -朝刊ライト-2021年2月17日(水)

 おはようございます。

 今朝はかなり強烈な風が吹いている。春の嵐というよりは最後の木枯らしとてでもいうような感じだ。株式市場も昨日も大きく上昇したが、午後に急落する場面もあるなど波乱含みとなっており、さすがに買われすぎの修正などが見られるのではないかと思う。

 バブルだバブルだといってから半年以上、日経平均では7000円以上上昇したが、さすがに(と何度使ったかわからないが)買われすぎ銘柄は本当に買われすぎているのではないかと思う。それもまた相場ではあるのだが、いつ、「あれが高値だったね!」ということになってもおかしくない状況だと思う。値動き軽さに連れて動くということでも良いと思うが、少なくとも高値掴みはしない、下落の始まりでは買わないということだけでも心掛けておくといいのではないかと思う。

30,500円を超えて一気に31,000円を試すような動きになった。さすがに最後は30,500円を超えずに引けたが、30,500円近辺がいったんは上値となるのだと思う。いったん30,000円を割り込むと買いが入るのかどうかを試すような展開になると思う。

買われすぎ銘柄がさらに買われているが、同時に銀行株が大きく上昇してきた。最後に買える銘柄ということで買い直しの動きが続いているということだろう。米国金利の上昇がみられるので、銀行株はもう少し上値を期待してもいいのかもしれない。

3万円を抜けたかと思ったらすぐに次は31,000円ということになった。ただ、「3万円が上値」と想定したいたむきのヘッジや損切で大きく上昇した面もあると思われ、買戻しやヘッジ買いが一巡となると3万円前後で落ち着くのではないかとおもう。

引き続き3万1千円近辺までの上昇は頭に入れておいて、着地とすれば3万円前後というポジションでいいのではないかと思う。3万1千円を超えたときのヘッジも考えながら31,500円や32,000円のショートコール=カバードコールに注目だ。