Webデザイナーになるまでの記録。未経験からの勉強、1年間の専門学校、そして転職後の見習い期。

記事
デザイン・イラスト
夢を叶える為に捨てた選択と選んだ選択。

夢や進路に悩んでいる学生さん、就活生、新社会人の方々に捧げます。



こんにちは、Okakiです。
私は約6年間会社員として働いた後、独立してフリーランスとして活動しています。


独立後に改めて自分の過去を振り返ってみると、そういえば昔自分が思い浮かべていた夢を叶えることが出来たなとふと感じたので、将来に悩む学生さんや就活生、新社会人の方々の為に、今までの過程をまとめようと思いました。

これは当時就活生だった私が「就活の時だけじゃなく、その後働いてみてどうかという数年単位の体験記が知りたい」と思っていたものを形にしたものです。

就職活動を経験した学生が大人になって働いてみて、どう人生を歩んでいるのか感じてもらえればと思います。
大人は誰しも採用サイトの社員インタビューに載っている人みたいにいつも輝いて仕事してるわけじゃないし、大人であっても悩みつつ沢山踠いて、軌道修正しながら進んでいます。

少しでも将来や未来のことに悩んでいる人に「こういう生き方や考え方もあるよ」とお伝えできれば嬉しいです。
そして少しでも「自分でも出来るかな」と勇気を持ってもらえたらと思います。

お恥ずかしい私の一つの夢へのお話です。


進学とか就職活動とか、自分の人生をここで決めないといけないのかな、叶えないといけないのかなと思った。だけど私はそれを決められるほど「社会、そして働いている大人」を知らなかった。

私は大学を卒業後、新卒でとある総合商社の人事として働きました。そこでは主に新卒採用業務を担当し、会社説明会や面接の為に大阪を中心に西日本を飛び回る日々を送っていました。

そして在職中に1年間デザインの専門学校に通い、専門学校を卒業後、Webデザイナーとして制作会社に転職し、約3年半働いた後退職して現在に至ります。
今は個人でデザインをやったりnoteを書いたりアニメを観たり推しについて萌えをツイートしてのんびりオタクをしています。

小さい頃の私の将来の夢は漫画家でした。ですが自分の絵に自信が無かった私はその夢を諦め、特に何がしたいのか分からずに中学、高校と進み、就職が無難な普通科の大学に進学しました。
就職活動をする前まで「将来何になりたいか」という事はほとんど考えずに、その日その日が楽しければいいやという気持ちで毎日を過ごしていました。

そしていよいよ就活が始まる前、「社会に出て大人として働くのか」と意識した時にとある事に気が付きました。

これから社会に出ていく予定の私は、働いている大人の人とまともに話したことがないという事実でした。
就活をする為に「社会や仕事について知ろう」としても「仕事をしている大人」との関わりが希薄であった為に、仕事というものがどんなものか分からなかったのです。

自分の周りの大人というと、両親もしくは大学の教授がほとんどでした。社会に出る為に社会を知ろうとするにはそれはあまりにも限定されたコミュニティーであると稚拙ながらも感じていました。

ここでやっと私は「自分は社会のことを何も知らない子どもだったのだ」と思い知りました。

苦労した就職活動。夢だった漫画家からクリエイティブなことと拡大解釈をし、クリエイティブ業界を目指した。だけど専門職という選択は捨てた。

この続きは購入すると読めるようになります。
残り:10,267文字
Webデザイナーになるまでの記録。未... 記事
デザイン・イラスト
500円
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す