星使いの令嬢と守護聖騎士(4)

記事
小説
どんどんと叫び声(を発している人物)が近付いてくる。
「失礼します」
そう言って聖騎士さんは立ち上がると、頭を下げて声の主を迎えた。

「ワシの天使ちゃん!」
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:1,299文字
星使いの令嬢と守護聖騎士(4) 記事
小説
500円
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す