人工肛門造設-S上結腸癌患者の事例

記事
学び
1人が購入しています
user
まいける30
1人が購入しています

【はじめに】

このブログでは、症状に対するアセスメントの具体例を提供します。
私自身、看護学生や新人看護師だった時に、看護過程の記録をどのように行うべきかを理解するのに苦労した経験があります。そのような状況で、私が大いに助けられたのが、先生や先輩のアセスメント例を見て学ぶことでした。例を見ることで、「これが正しい書き方だったのか!」と気づき、アセスメントの書き方がすぐに頭の中で整理されました。
具体例を見て学ぶことは、理解を深め、知識を広げるのに非常に役立ちます。さらに、日本語の表現方法やフレーズについても学べるため、文章力向上にもつながると思います。
ぜひこのブログを参考にして、ご自身のアセスメント力の幅を広げる糧にして頂ければ幸いです。
当ブログの内容は、ご自身の課題や実習への使用に限り、自由に使用して良いです。ただし、あくまでも見本なので、自己責任で使用するようにしてください。
症状別アセスメントは、様々なケースで応用できると思います。看護計画もついているので、参考にしてくださいね!!
当ブログの内容を無断で複製・転用することは、許可していません。
著作権侵害に当たるので、他の方に見せたり、コピーして配布することは禁じます。
注意点を守って活用していただければ幸いです。
内容は適宜、最新の内容に更新します。
看護学生さんの力になれるレベルを目指して作成していますが、アセスメントや看護計画の作成時間は、事例によって異なりますので、確認する方によっては、一部不十分な部分がある場合があるかもしれません。

【サービス紹介】
事例の見本を作ってほしい!
アセスメントの書き方がどうしても分からない!
といったお悩みの方は、こちらのサービスを利用もございますので、
興味がある方は、気軽にご相談ください。
※ 時期によっては対応できないこともあるのでご了承ください。


【今回の情報】

患者名:A氏
性別:男性
年齢:62歳
家族構成:妻は3年前に他界、今は娘と二人暮らし

 A氏は2週間前にS上結腸癌の手術を受け、人工肛門を造設した。最近、食欲が落ちて体重も減少し始めている。退院後の生活調整が難航しており、リハビリテーションに取り組む一方で、人口肛門に対するセルフケアの習得に苦労している。排便の破棄は汚染もなく自力で行えるようになっているが、定期的なガス抜きを忘れてしまい袋がパンパンになってから気づくことが多い。パウチの交換もできるようになってきているが、一人で行うと途中で物品が足りないことや交換日にすぐ漏れてしまうことが多く自信を無くしている。もともと外出も好きだったため、退院後も好きな場所へ外出したい気持ちはあるが不安が強くなっている。
 A氏自身は退院に向けて「返ってから自分で人工肛門の管理ができるか不安だ」と話している。また、「料理が楽しみだったが、食べられるものが限られてしまってつらい」と語ることもある。娘からは、「父が元気なくなってきて心配だ。どうサポートすればいいのかわからない」また、「日々のケアをどう手伝えばいいのか不安です」と話している。

<バイタルサイン>
体温:36.7℃
脈拍:88回/分
呼吸数:16回/分
血圧:128/78 mmHg
体重:62kg(前月比-3kg)

<採血検査データ>
赤血球数:4.0 x 10^6/uL
ヘモグロビン:11.2 g/dL
ヘマトクリット:32.9%
白血球数:5.9 x 10^3/uL
血小板数:22 x 10^4/uL
総ビリルビン:1.2 mg/dL
AST/ALT:25/28 U/L
クレアチニン:1.0 mg/dL
CEA:3.6 ng/mL


【アセスメント】

【S】
A氏「返ってから自分で人工肛門の管理ができるか不安だ」
「料理が楽しみだったが、食べられるものが限られてしまってつらい」
娘「父が元気なくなってきて心配だ。どうサポートすればいいのかわからない」
「どう手伝えばいいのか不安です」

【O】
患者名:A氏
性別:男性
年齢:62歳
家族構成:娘と二人暮らし(妻は3年前に他界)
手術歴:2週間前にS上結腸癌の手術を受け、人工肛門を造設
現状:食欲減退と体重減少、人工肛門のセルフケアの習得に苦労
自力で行えるケア:排便の破棄、パウチの交換(一部問題あり)
外出願望:退院後も好きな場所へ外出したい気持ちがあるが、不安も強い
<バイタルサイン>
体温:36.7℃
脈拍:88回/分
呼吸数:16回/分
血圧:128/78 mmHg
体重:62kg(前月比-3kg)
<採血検査データ>
赤血球数:4.0 x 10^6/uL
ヘモグロビン:11.2 g/dL
ヘマトクリット:32.9%
白血球数:5.9 x 10^3/uL
血小板数:22 x 10^4/uL
総ビリルビン:1.2 mg/dL
AST/ALT:25/28 U/L
クレアチニン:1.0 mg/dL
CEA:3.6 ng/mL


この続きは購入すると読めるようになります。
残り:3,690文字
人工肛門造設-S上結腸癌患者の事例 記事
学び
500円 1人が購入しています
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す