【承認されることを諦める】

記事
学び

日常的スピリチュアル、安田です。

承認されたい欲求は
誰にでもあるのですが
現実は承認されることは
ほとんどありません。
なぜなら、人は他人には
興味関心が無いからです。
これは誰がどうであるかではなく
みなが同じだということです。
なので、承認されることを
良い意味で諦めた方がいいのです。
承認されることを基準にして
歩んでしまうと
承認されないことで
勝手に裏切られた感を
感じてしまうのです。
勝手に承認されることを期待して
勝手に裏切られたと感じてしまうのです。
私たちは承認されるために
歩んでいるのではなく
承認する努力をするために
歩むべきなのです。
承認することは
意識をして
努力をしても
簡単にできるようには
ならないのです。
その簡単にできないことを
他の人に求めることはできません。
承認されることを
諦めるためには
陰で努力をして
誰にも承認されようがない
環境で歩むことで
承認されることを
諦めることができます。
承認されることを
諦めることで
心理的に縛られることが
無くなっていくので
自分のペースで
歩むことができます。
結果として
承認されたらされたで
喜んでもいいのですが
どんなに承認されても
自分のペースを
崩してはいけないのです。
承認されない時期は
目立ちようがないので
貴重な時期でもあります。
目立てない時期は
陰で努力ができるので
自己確立ができる
時期でもあるのです。
理想的な承認欲求というのは
承認される欲求ではなく
承認する欲求を
満たすことなのです。
誰でも承認されることを
求めているので
理想的な承認欲求を
満たすことができますが
現実は簡単では
ありません。
私たちの無意識は
承認されることを
考えていますが
承認することを
考えてはいないからです。
「承認する」という
意識を強化させて
自然に承認ができるように
転換されていけば
理想の承認欲求を
満たすことができます。
承認されることは
諦めるべきですが
承認することは
諦めてはいけないのです。
承認というのは
存在そのものを
認めることであり
嘘やハッタリでも
「あなたならできる」と
認めることなのです。
承認というのは
無責任でいいのです。
無責任に承認できる人が
増えていくことで
何でもできる気がして
自然に挑戦することが
できるようになるのです。
現実の環境というのは
承認ではなく
否定の環境になっています。
承認も否定も
全く根拠は無いのです。
なので
勝手に承認するか
否定するかを
選ぶことができます。
承認する意識で
歩むことができれば
結果として
承認されていくのです。
否定する歩みをすれば
否定されるようになるのです。
本当に承認されたいのであれば
まず先に、承認することが必要なのです。
先に承認されたいのを
じっと我慢して
先に承認していくことで
自然に承認されるようになります。
かといって
承認されることを目的にして
承認してはいけないのです。
見返りを求めると
承認し切れなくなるからです。
無条件に承認して
投入することができれば
宇宙の法則に合わせる歩みが
できるようになるので
自然に何らかの形で
承認されるようになります。
理想的に承認欲求を
満たすことができれば
承認されるか、されないかの
心配をする必要は無くなります。

今回も読んで頂きましてありがとうございました。
安田 悌