【損得根性では投入はできない】

記事
学び

日常的スピリチュアル、安田です。

投入するときは
損得を考えてはいけないのです。
損得を考えてしまうと
投入しきれなくなります。
投入力が身についている人は
損得を考えないで
今できることに
精一杯の投入をするのです。
損得根性が強い人は
投入する歩みができないのです。
何をしたら得で
何をしたら損かを
考えてしまうので
投入することが
できないのです。
投入というのは
損得ではなく
宇宙の法則であり
原理原則なのです。
特別なことではなく
単に法則、原則に
合わせているだけなのです。
宇宙の法則
原理原則に
合わせていれば
損とか、得とかを
考える必要はありません。
投入する歩みをするには
「損することはできない」と
考えてください。
どんな歩みであっても
投入する歩みをしていれば
損することはできないのです。
表面的に、一時的に見れば
損をしているように
見える場合もありますが
投入して損をした場合
宇宙の法則から
ズレてしまうのです。
宇宙の法則というのは
宇宙にあるのではありません。
現実の私たちにある
法則なのです。
どこにいても
何をしていても
宇宙の法則が適用され
働いているのです。
なので
賢い歩みというのは
宇宙の法則に
合わせる歩みになります。
私たちの無意識は
損得を考えてしまうのです。
損得根性が残っているので
損だと感じることを
無意識に避けてしまうのです。
この損得根性から
転換するには
思いきり損をすることを
やってみてください。
何のメリットも
感じられないことをやって
損を感じてください。
中途半端に損を感じているので
中途半端な損得根性が
出てきてしまうのです。
思いきり損をすると言っても
今の日常の中で
損だと感じることを
やってみればいいのです。
誰にも知られないように
陰で努力をしたり
奉仕をしていくことで
認められることはないので
少なくても得する歩みには
ならないのです。
大抵の人は
何かが得られれば得で
何かを失えば損と考えますが
私たちが得られることというのは
たかが知れているし
得られたとしても
いつまでも抱え続けることは
できないのです。
なぜなら
この世で永遠に
生きることは
絶対にできないからです。
投入した歩みをしていくことで
目に見えない貯金を積むことが
できるようになります。
その貯金を
この世で下ろせなかったとしても
損をすることはできません。
この世で投入したことは
霊的世界に連結されていくのです。
永遠の観点からみたら
この世で報われる
報われないというのは
大した問題ではないのです。
報われるか
報われないかは
結果なので
コントロールが
できないのです。
長期視点
永遠の観点から
投入していくことが
できるようになれば
損得根性が
いかにみみっちいかを
感じることができるのです。
損得を考えないで
投入しきる歩みが
できるようになれば
宇宙の法則、原理原則に
合わせた歩みができるので
何の心配も必要ないのです。
損得の心配ではなく
集中して、投入できるかの
心配をしてください。
集中して、投入する歩みが
できているのであれば
自然に導かれるようになり
宇宙の保護圏内で歩むことが
できるようになります。

今回も読んで頂きましてありがとうございました。
安田 悌