気合いで10年間 年1 引越しで感じた法則教えます

旅や引越しを経て”人は環境に染まる”という人間の本質が見えた

評価
1.0 (1)
販売実績
1
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数
    1日(予定)
    初回返答時間
    24時間以上(実績)
    ジャンル

サービス内容

私は人口3万人以下の和歌山県に ある超ど田舎の町で生まれ育ちました。 そこから高校卒業後 名古屋→オーストラリア→和歌山→東京(五反田) →東京(大崎)→神奈川(川崎)→アメリカ(LA)→愛知 →カナダ→ハワイ→愛知→ニュージーランド →東京(高円寺)、 という感じで引越してきた、 (細かいの入れるともっとあります。) 当時、何もわからなかった自分は 引越しで人生を開拓していました。 (自分は頭が弱い分カラダで勝負するしかない、 みたいなテキトーな動機笑) これだけ動いてると中には 『どんな仕事をしているのだ?』 っと聞いてくる人も少なくないが 仕事はフリーターで ただアルバイトで貯めた金を使い 気合で動いていただけ、笑。 どうせやるなら ”若いうちしかできない事がいい” と思い 節約生活の経験重視で20代を過ごした。 そして ”安定した生活を送ると、 人間はダメになる” リッチー・ブラックモア(ディープ・パープル) の言葉にあるように 正直、もともと安定にも興味がなかったし 普通の人生も嫌だから それらの経験は楽しいものでしかなかった。 そして、さらに 「伝説のアナリスト」として名をはせた デービッド・アトキンソン氏の著書 ”日本人の勝算 人口減少×高齢化×資本主義”(東洋経済新報社) では日本人の”変わらない力”は異常だという。 だから これからの日本を生き抜く上で 自分が引越し経験で得た ”変化する事”のメリットを いくつか紹介しようと思います。

購入にあたってのお願い

テキストのPDFファイルをお送りします