私が動画編集で収益化出来た方法を紹介します

記事
写真・動画
こんにちは。

今回のブログは「お初」という事で、最初のお題としまして私自身が出品しているサービス「動画編集代行」をこれから始めたいと思ってる人へ、私自身がココナラで案件を取り続け実績を作り、今では平均月5万円(ココナラ以外でも案件を受けている合算の収益です)の収益を得られるまで経緯をお話したいと思います。


具体的に記述しているので、真似出来る部分もある記事になっております。

<目次>
 1.自分のYouTubeチャンネルを立ち上げるのがマスト
 2.まずは単価ではなく「案件獲得」を重視して実績を作ろう
 3.自分の中で編集技術と案件獲得数の目標設定をし、達成したら単価を見直す
 4.案件を受けた中でオプションサービスなどを新たに設けて単価アップへ繋げる
 5.1〜4が出来たら、やっとスタート地点で今度はクライアント様の動画再生数を上げる事を考える


1.自分のYouTubeチャンネルを立ち上げるのがマスト
 何故、自分のチャンネルを立ち上げた方が良いのか?それは、まずパソコンの必要なスペックの把握と動画編集ソフトを準備して使い方を把握しないと始まらないからです。それを実践で確認取りやすい方法が自分のYouTubeチャンネルを立ち上げる事です。

まずは、パソコンのスペックから。インテルのCPUを積んだパソコンであれば9世代のCore i7以上、メモリは16GB以上を選びましょう。Core i5のメモリ8GBでもギリギリ動画編集が出来るのですが、仕事にしようとするとスピード感持って出来ないので対象外です。
まず、それなりなスペックのパソコンを準備しないとなので、自分のYouTubeチャンネルで自分のパソコンが動画編集向けのタイプなのかを確認しましょう。

私は最初に動画編集を始めたときは、MacBook12でiMovieのアプリを使って編集をしておりました。そして、動画編集代行者を始めるときはMacBook12では全く仕事に出来ないのでMacBookPro15のCore i7のメモリ16GBに買い換えてます。(収益化した年中に購入した時の25万円のパソコン代を超えた動画編集からの利益を出しております)

次に、動画編集ソフトです。基本的に、2大ソフトとしてよく聞くと思うのですが、「Adobe Premire Pro」と「Final Cut Pro X」があります。勿論、他にも「フィモーラ」等の動画編集ソフトもあります。
仕事にするのであれば、「Adobe Premire Pro」が一番オススメです。理由として、動画のデータを渡す分にはどんなソフトでも書き出しは共有してMP4データにする事が可能ですが、動画編集のプロジェクトファイルを提示するよう求めるクライアント様もいらっしゃられます。プロジェクトファイルを求めるクライアント様のほとんどが「Adobe Premire Pro」です。

迷う事なく、Adobe Premire Pro一択だなと思ったかも知れませんが、料金がサブスクリプション方式で請求されます。

そのため、いきなりAdobe Premire Proを使うのはハードルが高いように感じると思います。

では、Final Cut Pro Xはどうなのか?こちらのソフトもなかなか高額なアイテムです。ソフト自体は34800円。但し、買い切りなのでAdobeと違い月々の支払いが発生しない分、最終的には安くて機能性溢れたソフトです。

私の場合は、最初は慣れるまでFinal Cut Pro Xを使って編集作業を行なっておりましたが、GWなどのまとまった休みでAdobe Premire Proを短期間で使いこなせるように勉強しながら案件を受けておりました。

ソフトの選択は基本的には自由ですが、動画編集を仕事にしたいと思っているのであれば最初からAdobe Premire Proを選ぶ事をオススメします。



2.まずは単価ではなく「案件獲得」を重視して実績を作ろう
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:1,241文字
私が動画編集で収益化出来た方法を紹介... 記事
写真・動画
1,000円