ココナラという餅屋

記事
コラム
kinaからみたら、ココナラは「いずれは出るであろう、インターネットを介在した“形にならないものを提供するサイト"ではあるけれど、それを最初にやってしまったパイオニア」だと思ってます(超上から目線)。
「いつかは誰かがやった」のでしょうけれど、それに際して先鞭をつけて、しかも収益を上げている、というのは凄いことだし、創業者の方は大喜びしていると思います。

kinaとしても活躍の場を与えられたというのはとても有り難いことですが…それ以上に、「サイトを構成する力はあっても、中身の文章のセンスに欠ける」kinaにとってはとても助かる存在です。
コラム系の文章なら自分でも書けますが、何せ自分を宣伝する文章なんて恥ずかしくて書けない上に、そういうコピーライターさんを頼むにしても、どうやって頼むのかが全然わからないし、予算も見当がつかなかったのですが…ココナラさんにはそういうのを喜んでやってくれる人が複数いて、予算も明瞭σ^_^;
少なくとも、kinaにとってはサイトの宣伝文は「ココナラ」という餅屋に任せた方が良いと思ってます。

また、ココナラはなんというか…占い師として、「その方面に進みたくても躊躇する方に、背中を押す場所」としてかなり使える場所だと思ってますσ^_^;
例えば、「絵を描くことを職業にしたい」「占い師をしてみたい」と思える方に、「じゃあココナラでやってみたら?」って気軽に言えるんですよね…お手頃価格だから、提供する側も気軽にチャレンジできる、というのはあると思うんですよ。

…というわけで、こういう提供する側も購入する側も気軽に利用できる場所がある、というのは本当に有り難いことだと思います。
普通に利用するのに躊躇するものであれば尚更。