競艇の予想や舟券購入にセオリーは役に立たない

記事
エンタメ・趣味
・エンジン勝率
・コース
・展開予想

これらでは勝てません。
まずは、これらを捨てることが第一歩。
捨てない限りずっと競艇の財布にされます。

「一般的ロジックは負ける最短コース」


もし、競艇が一般的なロジックで取れるとすれば、
結果は全て3連単で3桁配当になるはずです。
ある1日の結果です。

桐生(赤枠)で一般的ロジックで買うとえらい目に遭わされます
他場も9割がた4桁配当
(「競艇オフィシャル 結果」で検索して遡って色々見て見ましょう)
30.jpg


3桁配当というものは、一般的なロジックである
エンジン、コース、展開推理で導き出した買い目。
いわゆる新聞や専門誌のフォーカス6点で決まった時の目。

それは競艇研究し詳しいベテランが出した目です。
それがことごとく外れてるということ。

1-2-3で買ってて2-1-3
1-2-345で1-2-6

競艇のセオリーに忖度しつつ、華麗に我々の網から抜けてるのです。

「もっと勉強すれば勝てる!」
と思わせるタチの悪さがあり、みんな嵌って抜け出せなくなり
大損することになります。
8784.jpg


「チンチロリンなレース」

・着歴良し
・エンジン良し
・選手の腕良しで4カド

一般的ロジックだと、外して買うことは出来ません。
挙句、1着で大勝負なんてことになります。
結果がコレ。

21.jpg
全ては選手の気分次第、コンディション次第。
そんなくだらないものに、我々は真剣に予想し大金賭けたりしてるのです。

なぜ、大金賭けたのですか?

以前に一般的ロジックで上記のようなレース取ったことがあるから。
実にココが競艇のタチの悪い所なのです。

・今回はたまたま外れた
・前取れたんだから今のやり方で間違いない

と思いずっと、エンジンだコースだ展開だで大損します。
競艇は、わからないものをわかろうとする競技。
実質チンチロリンと同じ。
17.jpg



裏目抜け目を喰らい、それでいてセオリーには忖度(惜しい結果)。
行きつくところは多点買いのエビス買い。

1Rに賭ける額が徐々に膨れ上がり、損失を取り返そうと
さらに賭け額が大きくなります。

あっという間に月の給料は底を尽き、
「勝てば良い」
で、消費者金融から借りることに。

「あなた約束しましたよねえっつ!」
「今すぐ入金返済してください!!」

言葉遣いが丁寧語なだけの恫喝催促電話。

元金がなかなか減らない返済生活。
何のために働いてるのかわからない不毛な毎日。

行きつく先が、、、、

「競艇で勝つしかない。研究だ。」

この繰り返し。ずっと繰り返し。
死んでたのと同じ。
・時間
・稼いだ金
何の積み上げもできてない。
登る階段の無い踊り場でずっと喘ぐ人生です。
年だけ食った少年の出来上がりです。

「勝負レースなんて無い」


どんなに固そうなレースに思えても
どんなに穴になりそうに思えても
あっけなく一般的なセオリーは崩壊します。

一般的なセオリーの手法は、
競艇場でヤジ飛ばしたり、酒タバコ飲みながら観戦してる
加齢臭漂うオッサン達と同じ。

彼らが勝ってると思いますか?
同じ事をしていては勝てません。
負ける人間の手法なのです。

彼らがやっていない、思いつきもしない
クレバーな手法でやらない限り競艇は勝てません。

思考回路とやり方を思い切って変えてみましょう。



サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す