【作詞作曲の極意☆題材:GLAY/TAKUROとJohnLennon】「やり方」より「あり方」

コンテンツ
音声・音楽
【タイムテーブル】

00:00 「やり方」より「あり方」 

01:35 GLAY/TAKUROってどんな人? 

04:50 GLAY/TAKUROの真骨頂はココ! 

06:25 JohnLennonの生き方とは? 

08:33 「人らしく生きる」とは? 

09:47 エンディング 





【「やり方」より「あり方」】 

今回は「作詞作曲」をテーマに動画をお届けします☆ 

恒例となってきました「音楽の歴史」と「アーティスト分析」から 

ヒントを学んで行けたらと思います(^^)/~~~ 



題材となるのは、ズバリこの方々!! 

・GLAY/TAKURO 

・JohnLennon 







【GLAY/TAKUROってどんな人?】 

・ご存知GLAYのリーダー 

・ギター、キーボードを演奏 

・作詞作曲を主に担当 

・1971年5月26日生まれ 

・北海道函館市出身 



作曲には「英和辞典」と「烏龍茶」を常備するそう!笑 

辞書を用意する当たりは「歌詞」作りにおいて「英語」を 

重要視している証拠でしょうか☆ 





【GLAY/TAKUROの真骨頂はココ!】 

作曲には「知識」や「ノウハウ」も大事ですが、、、 

それ以上に大切なのが「生き方」「考え方」。 



TAKUROはそこに深い洞察があり、 

特にその源泉に「JohnLennonを敬愛」している所に 

それが良く表れていると思います☆ 



その敬愛っぷりは、Lennonの命日には 

ほぼ毎年のようにゆかりの地「ニューヨーク」の 

ストロベリーフィールズへ訪れる程! 



かの名曲「However」もニューヨーク滞在の際に 作ったそうです。 







【JohnLennonの生き方とは?】 

Johnと言えば「Beatles」での音楽活動が一番に思いつきます。

 しかし、その本当の価値【真価】は、 

バンドを離れ「JohnLennon」として生きた時間にこそあります。 



「Beatles時代」 

売れる為にプロデューサーがつき、

 「人の目」「評価」を重視していた音楽活動時代。 

それにJohnLennonは一種に違和感を感じていたそうです。 



「オノヨーコとの出会い」 

何の為に音楽をやっているのか? 

何の為に生きているのか? 



そんな悩みを抱えていた時、 JohnLennonはオノヨーコと出会います。 

その時に「気付き」「学んだ」事こそが 

人目を気にする事なく、「人らしく生きる」事。 







【「人らしく生きる」とは?】 

これは答えはないと思いますが、、、 一言で言うならば

「自分の気持ちに素直になって生きる」事。 



・名誉 

・お金 

・権力 など 



「人の目」を気にして「自分を見失う」事は 

周りを見渡せばたくさんあるかと思います。 


<