【全うできる使命しか与えられない】

記事
学び

日常的スピリチュアル、安田です。

「越えられない試練は与えられない」
のと同じように
全うできない使命は
与えられないのです。
なぜなら
使命と試練は
正比例するからです。
使命を全うする力を
身につけるために
試練が与えられるので
試練というのは
力を身につけられる
チャンスでもあるのです。
ですが
できれば試練は
避けたいのです。
感じたくない感情は
できる限り避けたいのです。
使命を全うするために
否応なしに与えられる
試練もあるのです。
使命も試練も
私たちの意思に関係なく
一方的に与えられることがあります。
納得がいかないことが
与えられることがあるのです。
「現象は全て自分が引き寄せた」という
教えがありますが
半分正解で
半分は不正解なのです。
自業自得で
引き寄せたこともありますが
否応なしに
与えられた現象もあるのです。
使命を全うするために
否応なしに与えられる
現象というのもあります。
なぜなら
使命というのは
必然的なこととして
与えられるからです。
必然的なことというのは
避けようにも避けれないので
全うするしかないのです。
たとえ、多くの失敗をしても
大きな失敗をしても
前に進むしかないのが
使命が与えられた人の
歩む道なのです。
試練を越えていくにも
使命を全うするにも
力が必要なのです。
試練や使命に
振り回される前に
力を身につけることを
意識してください。
先に先手を打って
先に実力を身につけてしまえば
試練や使命に
振り回されなくて
済むのです。
自分から主体的に
学んで、実行して
実力を身につけてしまえば
試練が来ても
使命が与えられても
難なく越えることができ
全うすることができるのです。
どちらにしても
与えられる試練であり
使命であれば
先に実力を身につけてしまえば
試練や使命に振り回されないで
こなしていく歩みができるのです。
自分で自分を
追い込める人は
他の人から
追い込まれても
大して
気にならないのです。
与えられる
試練も使命も
良い意味で
諦めることが
必要なのです。
必然的に与えられることであれば
乗り越えるしかないし
全うするしかないのです。
大きく見える試練であっても
使命であっても
認識できることであれば
乗り越えることができ
全うすることができるのです。
乗り越える
全うするには
実力が必要なのです。
気合や根性では
乗り越えることも
全うすることもできません。
実力を身につけることに
集中して、投入すればいいのです。
試練も使命も
成長に応じて
与えられるのです。
成長すればするほど
試練も使命も
大きくなります。
なので、私たちの歩みは
楽をすることはできません。
楽をしようとすることは
諦めてください。
四六時中
気を張ることは
できませんが
常に努力をしながら
実力を身につけることを
意識してください。
いつどのように
試練や使命が
与えられるのかは
分からないので
先に実力を身につけて
良い意味で待っているような
感覚も必要なのです。
先に準備をしておけば
何が与えられても
振り回されないで
歩むことができるのです。
全うできる使命しか与えられないので
全うできることを信じればいいのです。
漠然とでも信じることができれば
信じた通りの歩みができ
使命を全うするための
実力を身につけることが
できるようになります。

今回も読んで頂きましてありがとうございました。
安田 悌