著者様へ・出版の販促に関するアドバイスをいたします

実は?本は自分で売らないと出版社さんは売ってくれないんです!

評価
-
販売実績
1
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    制作物 (+テキスト打ち合わせ)
  2. お届け日数
    要相談
    初回返答時間
    7時間以内(実績)
著者様へ・出版の販促に関するアドバイスをいたします 実は?本は自分で売らないと出版社さんは売ってくれないんです! イメージ1
著者様へ・出版の販促に関するアドバイスをいたします 実は?本は自分で売らないと出版社さんは売ってくれないんです! イメージ1

サービス内容

自分の著書(単著)数冊の執筆&販売戦略経験(数社の出版社さん)と 他の作家さんの方の出版プロデュースや出版社さんからの企画依頼など さまざま出版経験から出版についてお悩みの方にアドバイスさせて頂きます。 ようやく企画書が通り、数ヶ月…1年以上の期間をかけて ようやく書き上げた著書が、販売してみたらまったく売れない…… 売れないどころか書店にない…… 家族や周りの知人からも、「書店にいったけど本が置いてない」 「入荷されてないって・・・」「どこ行けば買えますか・・・」 そんな悲しいことにならないために、出版後の販促についてしっかりと 準備をしておいてください。 出版は、企画を通すよりも、執筆するよりも 販促が本当の試練といってもいいくらい 書籍の販促って大事なのです。 書籍に限らないかもしれませんね。 新しい商品やサービス。 「よいものが出来た!」と思っても売れないことってありますよね? その逆に、どうしてこんなに不評なものが、いつまでも売れているの??! ということもありますよね。 「出版するということの意味」「出版の販促」をご理解されないまま 出版してしまうと、執筆にかけた時間も努力も熱量も…… せっかくの投資が無駄になるだけではなく、期待していた効果も得られず 後悔されることになってしまいます。 そんなことは避けたいですよね…… 著者としての経験、他の方のプロデュース 販促のお手伝いをさせて頂いている経験から 販促が成功して思いのほか部数が伸びたケースも 販促を行ったもののまったく売れずに書店から自著が消えていったケースも どちらも見てきました…… (いまも見続けています……) 広告費などとして高い費用をお支払いになる前に セカンドオピニオンとして、視野を広げる意味で ご相談下さいませ。 ●やり取りは2往復(ご購入者と当方、それぞれ2回のメッセージ送信)となります。 ご購入者様は1メッセージ 2000文字/1回まで 当方からは1メッセージ 800文字/1回まで となります。 なお、URLなど文字数の多い記述が必要な場合には、全てを文字数にカウントせず考慮させて頂きます。 出版経験も、出版関係の仕事の経験もない 自称「出版プロデューサー」に高額な支払をしてしまい 後悔している人があとを絶たないため、本サービスを開始いたしました。

購入にあたってのお願い

*お聞きになりたいことが沢山ある場合には  お電話によるサービスをご用意させて頂いておりますので  そちらをご利用ください。 ●特秘性の高い情報をお伝えさせて頂くこともありますので やり取りさせて頂いた内容は他の方に他言 お伝えすることを禁止させて頂いております。 ●できるだけご相談者様のご質問にお応えし お役に立てる情報を提供させて頂きたいと思っておりますので ご自身の出版に関する内容や状況、販促についての計画案 販促についてご存じであることなどをできるだけ教えてください。

有料オプション