サービスを探す

認知障害、軽度認知障害(MCI)改善法教えます

若年性知症の方も大丈夫です。介護、介助の悩みも解決します。

販売実績:0 残り:2枠(お願い中:1人)

サービス内容

日本認知症予防学会会員(http://www.ninchishou.jp/)です。介助の相談もお受けします。
物忘れ、認知障害は認知機能を鍛えることで改善できます。認知機能とは、五感(目、耳、鼻、口、体の感覚)です。認知障害は、匂いを感じる能力の衰えから始まると言われえています。ほっておくとMCI(軽度認知障害。認知症の前段階)に進むこともあります。五感を鍛えるトレーニング、運動を取り入れた認識、認知のトレーニングで海馬が大きくなると言われています。

認知症(アルツハイマー病、レビー小体認知症)は「生活習慣病」だと言われています。糖尿病は認知症になる確率を高めます。つまり、生活習慣を変えれば予防できるのです。「鬱」の方は、認知症になる確率が高く、鬱の予防は認知症の予防になると言われます。

薬は症状を抑える対処療法です。薬を飲んでいても症状は進行するのです。認知症の悪化を先延ばしすることしかできません。

現在の有効な予防方法は「運動、栄養、休養(趣味、睡眠)」です。
これ(私のサービス)は医療ではありません。私は医師ではありません(日本認知症予防学会会員ではあります 平成31年4月より)そのため診断をすることや認知症が治ると断言することはできません。

しかし、医療の現場ではリハビリで運動や認知行動療法などが行われています。運動を行えば高い確率で認知症の予防ができるのです。これを覚えれば自宅でできるのです。医療の現場だけでなく、自宅でも行えば認知症の改善はさらに望めるのです。

私のサービスは「運動、栄養、休養」だけでなく認知力を強化する「ビッパシャーナ」(マインドフルネスの元になったもの)という瞑想で脳力アップを図ります。認知症の方は、脳力、認知力が衰えていくことで、不安になり、ストレスが溜まっています。そのケアーにビッパシャーナは効果的です。また俳句を暗唱することも進めています。記憶力を高め、言葉にするという言語能力も高まります。

  筋トレと合わせたビパシャーナはお勧めです。

認知症の方だけでなく、介護者、介助者、その家族の方などもご利用ください。
鬱の方にも効果が見込まれます。

ご興味のある方ご相談ください。

認知症に負けずに若々しく元気で過ごしましょう

日本認知症予防学会 http://www.ninchishou.jp/

すべて読む
  1. 提供形式
    テキストチャット
  2. アドバイス
    カウンセリング
    コーチング
    お届け日数 要相談 
    ジャンル
    • メンタル全般
    • その他

購入にあたってのお願い

物忘れは老化の一つの症状です。心配なものとそうでないものがあります。物忘れの段階で予防を行うと老化の進みは遅くなります。認知症への進行も防ぐことができます。

また認知症はゆっくり進行します。予防、改善もゆっくりと効果が表れます。今日明日に効くというような即効性のあるものでもありません。(速く効果が表れるものは、認知症ではなく、認知症に似た症状だったという事になります。)

認知症は脳の病気ではなく、心の病気だとも言われています。

認知症の方には、こまやかな心遣いが必要です。怒りをあらわにしたり、つっけんどんな態度を取ると症状の悪化を早める(ストレスが増えるため)こともあります。

楽しんでトレーニングすることを望みます。

ゆっくりと楽しんでおつきあいください。

すべて読む

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス