プロの脚本家が、あなたの脚本をアドバイスします

!人気作品を手がけるシナリオライターが、アドバイスをします。

評価
5.0 (7)
販売実績
7
残り
3枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    テキスト
  2. リサーチ
    企画・構成
    画像の用意(選定/撮影)
    校正・編集・リライト
    SEO対応
    お届け日数
    4日(予定)
    文字単価
    要相談
    用途
    業種
プロの脚本家が、あなたの脚本をアドバイスします !人気作品を手がけるシナリオライターが、アドバイスをします。 イメージ1
プロの脚本家が、あなたの脚本をアドバイスします !人気作品を手がけるシナリオライターが、アドバイスをします。 イメージ1

サービス内容

シナリオライターの水瀬と申します。 こちらのサービスは「あなたの書いた脚本の直しを指摘する」ものとなっております。 (脚本を書いてほしい!というのは近いうちに別サービスで出品予定です) VTuber台本 YouTube 舞台の戯曲 実写ドラマ、映画 etc シナリオ・脚本を書いたけれど、 これでいいのか不安…という気持ちになること、ありますよね。 その気持ち、とても素晴らしいです! というか、プロのシナリオライターさんは何度も何度も直しをするんですね。 (自信満々で直しをしなかった作品はやはり、コンクールなどで通らなくないですか?) 「通過するシナリオ」「求られるシナリオ」を完成させるには、 自分以外の人の目で読んでもらい、 「直し」を見つける作業を徹底的にすることが必須です。 それもせっかくなら、素人ではなくプロの目がいいですね。(と自分のことをあげるわけじゃないですが…) これはどんなに多くの作品を書いてきた人にも言えることですが、 自分ひとりの目ではどうしてもチェックが甘くなってしまうんですね。 私はプロとして毎週何回も「脚本会議」通称「本読み」「本打ち」で、 ・プロデューサーの目線の直し ・監督の目線の直し ・他の脚本家の方々の目線での直し 等を把握し、直しを行い、この世に出してきています。 書いたはいいけど、一つの作品として破綻していないか? シナリオの公募・コンクールに応募したいけど、今のままでいいのか? 応募するとかじゃないけど、誰かに読んでほしい、せっかく読んでもらうならプロがいい! などなど。動機はなんだっていいいです! ぜひ一度、あなたのシナリオを読ませてください♪ プロの仕事に欠かせない「直し」作業。 お友達でもなく、実績のない先生でもなく(すみません)、 現役で活躍しているプロにまかせてみませんか? 料金等、お気軽にご相談くださいませ! === 私、水瀬の経歴は以下のものになります。 よかったら参考にご覧くださいね。 ↓↓↓ 大学で創作の手法を学び、 コンクールで大賞×2回。 その後シナリオライターのスクールに通うと同時に 地上波の番組の番組の脚本を担当 配信番組の脚本を担当 人気テレビ番組の脚本を担当 アニメの脚本、多数作品を担当 etc…現在に至ります。 まずはお気軽にご相談くださいね!

購入にあたってのお願い

※プロの現場の「直し」とは、より良い作品にするために、 どの要素が足りない、どこを切れる、など指摘をする作業です。 そのアドバイスをもとに、ご自身で文章を書き換えていただく必要があります。 (場合によってはこちらで書き直したものを添付する場合もあります。) ご了承くださいませ。 ※料金は枚数とジャンルによって変化します。こちらはペラ80枚の場合の料金です。 料金お気軽にご相談くださいませ!

有料オプション