ドメイン・ページURLの転送設定を致します

GoogleのSEO対策のために必ず対応しましょう!

評価
5.0 (1)
販売実績
1
残り
5枠 / お願い中:0
ドメイン・ページURLの転送設定を致します GoogleのSEO対策のために必ず対応しましょう! イメージ1
ドメイン・ページURLの転送設定を致します GoogleのSEO対策のために必ず対応しましょう! イメージ1
  1. 提供形式
    テキスト
  2. デザイン
    画像・素材の用意
    文章作成
    レスポンシブ(スマホ対応)
    SEO対応
    問い合わせフォーム
    お届け日数
    1日(予定)
    初回返答時間
    1時間以内(実績)
    ジャンル
    • その他
    用途
    • 店舗・事務所
    • コーポレート(企業)
    • アフィリエイト
    • ブログ・ニュース
    • その他

サービス内容

ドメイン・ページURLの転送設定をいたします。 お客様の管理されているサイトにて、サーバーの引っ越しやURL名(ワードプレスではスラッグ名)を変更した際には、旧URLから新URLへの転送設定(301リダイレクト)が必要となります。 なぜこの対応が必要かというと、Googleの検索エンジンに旧URLでインデックスされて登録されているためです。 このままにしておくとURL名を変更しているために、せっかく検索エンジンからのアクセスがあっても、当然ながらそのようなURLが存在しないために404エラー(ページが存在しないエラー)と表示されてしまいます。 そのため新しいURLに変更したことをGoogleの検索エンジンに伝えるために、ページ毎に『301リダイレクト』という設定が必要となります。 これらの設定を行うことによって、以下のメリットがあります。 〇旧URLにアクセスがあった場合に、新URLに自動的に転送・表示してくれます。 〇Googleの検索エンジンは、『301リダイレクト』を行っていることによって新URLに変更したことを検索エンジンに伝えることにより、これまでのページスコア(検索順位)などの情報を引き継ぐことが出来ます。 ■『301リダイレクト』設定に関する注意事項■ レンタルサーバーの引っ越しを行った場合の『301リダイレクト』の設定は、旧レンタルサーバーにて設定しておく必要があります。 そのため引っ越し後もSEO対策のために、可能であれば旧レンタルサーバーは半年~1年程度併用して契約・使用されることをお勧めいたします。 (旧レンタルサーバーの『Google Console』情報も削除せずに、そのまま残されることをお勧めいたします) 但し「これまでのページスコアは気にしなくて良い」などの場合は、『301リダイレクト』は行う必要はありません。 その場合は、旧レンタルサーバーは契約を解約してそのまま放置していれば404エラー(ページが存在しないエラー)で、Googleの検索エンジンが一定期間後に旧URL情報をインデックスから自動的に削除してくれます。 ■本サービスで一度に設定可能なURL数■ 特に制限はありませんので、いくつでも設定可能です。 ■対応に必要な期間■ 転送するURLの数にもよりますが、概ね1~3日程度で完了いたします。

購入にあたってのお願い

■作業を行わせていただくに当たり、お客様のご契約サーバーのID・パスワードなどの各種ログイン情報のご提供が必須となります。 ■ご依頼の際は、ご契約の新旧サーバー名、新旧サーバーのID・パスワード、転送元URL・転送先URL、転送するURLの数量などを詳細にお知らせください。 ■ご依頼前にレンタルサーバーのご契約、ドメイン名の取得、サイトの構築などをお客様ご自身にて完了している必要がございますので、事前に作業をお願いいたします。 ■作業はご依頼順にて実施させていただきます。早急な対応をご希望の場合は、有料オプションをご利用ください。

有料オプション