サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す

体重減少を目的に有酸素運動を行うのは失敗します

現代の科学では行わない方が良いとされている理由を解説します

販売実績:0 残り:20枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    テキストチャット
  2. コンサル・アドバイス
    パーソナルカラー診断
    顔診断
    骨格診断
    お届け日数 7日(予定)

サービス内容

ダイエットを専門に研究しています。
これまで 3000 人以上を対象にダイエットの講義を行ってきました。

ダイエットにおいて、〇〇だけ行えば良いなどの方法ははっきり言ってほとんど意味がありません。
もちろん超短期的にみれば体重や体脂肪が減少することがあっても、ほとんどの場合がリバウンドし、ダイエット前の体重よりも増加した体重で維持されます。
ダイエットは成果は個体差が大きいだけでなく、様々な要因が複雑に絡み合うため、1つのことに着目したダイエット方法は手軽で簡単に行えるため注目されやすいですが、そう言った方法でダイエットが成功する人はほとんどいません。
ほとんどの場合か短期間の効果しかありません。
究極のことを言えば、短期間の効果で良いのなら方法は運動でも、食事でもなんでも良いので気にすればどんな方法ですら効果がでます。
だからどんな方法でも短期間は効果があるから、
私のようなダイエットを研究しているものからすれば意味がない(必ずリバウンドをするから)方法であっても効果期間は保証していないので、ウソを言っている訳ではなくなってしまいます。
さらに悲しいことに一時的にはダイエットに成功し、
その後、効果がなくなりリバウンドをしてたとしても、
多くの人はその方法を疑うことはなく、
運動をサボってしまった自分、食事を守れなかった自分を責め、ダイエット方法が間違っているということには一切疑わないのです。
運動をサボってもいいんです。食事が守れなくてもいいんです。運動をサボることはヒト本来の機能として働くもので、体重減少後や運動後に食べてしまうこともヒト本来の生理機能です。

ここでは、ダイエットを研究している研究者として、科学的に信頼度が高い文献の紹介と解説を行います。
世の中には企業から資金を提供してもらい、企業の商品が良いとされるように結果を書く論文も存在します。
キチンと理解をすることでこれまでの方法がいかに曖昧なものであったのか、自分が行ってきたことは意志の弱さではなく、ヒトの生理機能なのだということをわかっていただくために、解説します。
また、参照した論文のタイトルも紹介しますので、私個人の意見を言っているのではなく、科学的に認められていて、多くの人が推奨している方法とは信頼度が違う点が最大の強みだといえます。
科学的な真実に興味がある方はよろしくお願いします。

すべて読む

購入にあたってのお願い

科学論文を参照に、解説を行います。
論文タイトルは紹介しますが論文そのものを添付して送付することは出来ません(全文は有料であるものもあるため)。
興味がある方はご自身でダウンロードして頂けると幸いです。

参照する論文(平均 3 - 8 件程度)をまとめて紹介します。
可能な限り信頼度が高いものを紹介しますが、結果を否定する文献がある場合もありますので、
最終的な判断はご自身でお願いします。

また、信頼度が高いものになると数百件をまとめたもの(レビュー論文、メタアナリシスなど)は、分析に使用された論文すべてを紹介するのではなく、まとめて分析された結果を紹介します。
その場合、参照する論文は一件ですが、レビュー論文やメタアナリシスは信頼度が低い訳ではなく最も信頼できるものとなっています。
また、論文の全訳などはお受けできないのでご了承ください。

すべて読む

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス