前世で敵であっても

記事
占い
あけましておめでとうございます。
今年も「よいぼしのなぎうた」をよろしくお願いします。
「よいぼしのなぎうた」では、気になる人との前世と魂の関係性をお調べするメニューがあります。

その中では「恋人や夫婦だった」というポジティブな関係だけでなく「離婚した夫婦同士」や「敵同士だった」という、ネガティブな関係性でも包み隠さずお伝えしています。
それに対して賛否色々あると思いますが、kinaがお客様とお相手の神様に近い部分にお尋ねして得られた結果を曲げてお客様にお伝えする、ということはおかしいと思うんですよ…言葉は選んでいるところはありますけど。
そんなわけで、「前世で敵同士だった」という結果を伝えられてショックを受ける方もいらっしゃるでしょうし、「今世でも同じことをするのか?」と不安に感じる方もいらっしゃるかと思います。
ここでよく考えていただきたいのは、「もし本気で命の奪い合いをするために出会ったのなら、日本では用が足りなさすぎる」という事実ですσ^_^;
前世で敵同士で、今世でも本当に命の奪い合いをするために生まれてきたのなら、まず銃が手に入らない日本ではなく、もっと武器が手に入りやすい(ぉぃ)、もっと法整備が緩すぎる国を選んできた方が目標を達成しやすいと思いませんか?
前世で敵同士だったとしても、平和で殺生を好まない日本の環境で、「相手を理解すること・許すこと」を学ぶために日本を選んで生まれてきた、ということもあると思っています。
一概に「敵だからどうのこうの」ということではない、ということもわかっていただきたいなぁ…と思う今日このごろです。