初めての方必見!費用?クオリティ??どこで決める??ホームページ制作会社の選び方

記事
コラム
こんにちは!
こんにちは。はや_けんです!
弊社ではホームページの制作や運用をはじめ、SNS運⽤代⾏やライティング、ブログ運⽤、を行なっております。
今回はその中でも『ホームページ制作会社の選び方』に焦点をあてて解説させていただきます。

【制作会社を選ぶ前に決めておきたいポイントは?】

新しくホームページを作りたいとなった際に、数社あるWeb制作会社の中から比較検討する方が多いかと思います。しかし、制作会社についての知識がなく、事前準備ができていない状態だと最適なWeb制作会社を選ぶことは難しいです。Web制作会社を選ぶ上で、先に決めておくと良いことを以下でご紹介します。

①ホームページ制作の目的を明確にする
「ホームページ」には企業のブランディングや、その企業に関する理解の促進などといった役割があります。ホームページを制作する目的として、ページを充実させたい/サイトからの問い合わせを増やしたい/求人を増やしたい/見やすいサイトにしたいなど、さまざまな理由があると思います。目指すべきWebサイトの目的によって、注力するべきポイントも変わりますので、制作の目的は必ず明確にしておきましょう。

②ホームページのターゲットの人物像を決める
誰に見てもらいたいWebサイトなのか、どの層に見てもらいたいものなのか、という点も明確にする必要があります。代表的なターゲットとして、以下の3点が挙げられます。
・自社の顧客
・投資家
・求職者株主
ホームページを見てもらいたいターゲットが変われば、優先するべきコンテンツやデザインなども大きく変わります。また、年代や性別によってもWebサイトのイメージは大きく分かれます。男性・女性、年齢層など、しっかり決め打ちして制作するのがおすすめです。

③現在のホームページの課題点はなにか?
現在使っているホームページの課題点や改善したい点は、事前に必ずチェックするようにしましょう。きちんと洗い出しておくことで、新しいホームページ制作もスムーズに進みます。また、制作後にも課題点がどれくらい良くなっているのかを確認することができるので、成果が見えやすくなります。ホームページは改修を重ねてこそ徐々に良い仕上がりになっていきます。ただ単に「新しくしたいから」「古くなってきたから」という理由だけに留まらず、さまざまな視点からチェックすることが大切です。

④発信したいポイントと会社の強みは?
ホームページを通して何を伝えたくて、何を発信したいのかという内容はしっかり把握できているでしょうか?闇雲に良いものを作る!ではなく、アピールしたいポイントが何なのかをきちんと整理して制作会社に伝えるだけで、提案内容も格段に良くなる可能性が高いです。自社の商品・サービスについての内容はもちろん、会社全体の想いを把握しているのは、その会社で働いている社員の方々です。発信したいポイントが何なのかという点が共通認識できていれば、会社の方向性がぶれる心配もなくなります。

⑤納品希望日を決める
頼む側にとっても頼まれる側にとっても、納期はとても大切なものです。納期が短いと特急料金が発生してしまうこともありますし、制作会社から十分なクオリティで納品されなかったりと、トラブルの原因にも繋がります。制作会社としても、クオリティを下げて納品してしまうという事態は避けたいので、納期は許す限り余裕をもって設定することをおすすめします。また、「納期は特に設けていない」という会社も稀にいますが、実は制作会社側としては非常に大きな不安要素に繋がります。本当にいつでもよいのであれば問題ないのですが、「社内できちんと検討できていない」「明確に話し合えていない」「なんとなく依頼してみた」という意味であれば、後々時期を早めなければならなかったり、交渉内容に変更が発生してスケジュール通りの進行が難しくなってしまう、という問題が懸念されます。納期は可能な限りで大丈夫なので、あらかじめ設定しておくと良いでしょう。

⑥予算を決める
予算はだいたいでも良いので、あらかじめきちんと決めておくことをおすすめします。予算が高ければ、より一層凝ったデザインにしたりページ数も多く作れますが、反対に予算が低ければ、予算内で希望に沿った良いものを作らなくてはなりません。予算によってホームページの仕様が大きく変わってくるので、相場が分からないという方も、予算はできるだけ提示するようにしましょう。

【制作会社の選び方のポイントは?】

企業側が事前に決めておくべきポイントなどが分かったところで、制作会社の選び方のポイントについてご紹介していきます。

①対面での打ち合わせに対応しているか
近年、出社ではなくリモートワークに切り替える会社も増えてきており、直接会社に訪問するという手段だけではなくなってきています。そうした世の中の変化に対応しているのかというのも大切なポイントです。対面での打ち合わせに限らず、Web会議が可能かどうかは必ず確認しておくと良いでしょう。

②コミュニケーションのやりとりがスムーズかどうか
意図を汲み取ってくれなかったり、こちらのよく知らない専門用語を並べてくる、明確な提案がないなどが発生すると、希望していた成果物にはなりません。また、返事が2日経たないと来ない、なども今後緊急の対応が必要になった時に困りますよね。
金額や実績などに関わらず「なんだかやりにくいな」という感覚は見過ごさないようにしましょう。

③同業他社の実績がきちんとあるかどうか
同業種の制作経験があると、その業界自体の説明をイチからする必要がなかったり、セオリーなども踏まえて制作してもらえるのでやり取りがスムーズになる可能性が高いです。業界特有のポイントなどがある方は、同業他社の実績がある制作会社に依頼すると安心でしょう。もしくは、総合力のある制作会社では業界関係なく一定のクオリティを上げてもらえる可能性もありますので、候補に入れてみてもよいかもしれません。

④制作会社の規模が希望の制作とマッチしていそうか
一概には言えないところもありますが、大規模な企業と小さすぎる制作会社、小規模な企業と大きすぎる制作会社の相性はあまり良くありません。100名を超える大きな制作会社だと単価が高くコストに見合わない可能性があります。
反対に10名以下の制作会社で数百ページにもわたるホームページ制作は荷が重いといった状況になることも予想されます。たとえ小規模な制作会社でも十分なクオリティで制作してくれる会社もあるのでこういった場合ばかりではありませんが、頭の片隅に置いておいていただけると、より良い制作会社選びができるかもしれません。

⑤社内の体制がしっかりしているか
制作会社の大半は小規模な会社が多いです。少ない人数の中で複数のホームページ制作をしています。数多くの依頼をきちんと納品するうえで、体制づくりは非常に重要です。

⑥ツールなどを使用してプロジェクト管理しているか
制作に関わるのは、通常1人のスタッフだけではありません。Aさんは製品ページ、Bさんは企業情報ページなど、時に複数のスタッフが同時進行でひとつのホームページを作成していることもあります。
そこで重要になってくるのが、プロジェクト管理です。せっかく作成したデータが知らずに上書きされたり、どれが最新なのか分からなくなってしまっては困りますよね。そうしたことを防ぐことができるプロジェクトツールがさまざま開発されています。ツールを使用して管理できている制作会社は制作上のトラブルが少ない傾向にあるので、安心して依頼できます。
また、ツール上で各社やりとりできるものもありますので、プロジェクト関係者に一斉に連絡ができコミュニケーションも円滑になることが予想されます。
ちょっと変わった視点ですが、よろしければ確認してみてください。

⑦運用のフォローもしっかりしているか
ホームページは制作して終わりではありません。情報を更新してブラッシュアップしていってこそ集客力は上がっていきます。
公開後もそうした保守運用をしてくれる制作会社かどうかは、大事なポイントになります。
運用の際に別会社に頼むことになると、また最初から全て説明しなければならず、担当者の方の負担はかなり大きくなってしまいます。あらかじめPDCAを回してくれる制作会社かどうか確認しておきましょう。

⑧Web集客の知識や経験があるか
ホームページを公開したあとは、ユーザーに訪問してもらう必要があります。
流入数を増やしてWeb上での収益を上げたいとお考えの方は、どのような手段でどのように流入を増やすのかまで想定して制作してくれる制作会社を選ぶことをおすすめします。

⑨制作会社のホームページが分かりやすいかどうか
制作会社のホームページを見た際に、「制作実績」に注目する方が多いかと思いますが、それだけでは不十分です。制作実績としてホームページ上に掲載できる案件はごくわずかなので、表に出していないだけで、実は大手企業の制作も手掛けている、などというケースも少なくありません。
ですので、制作実績だけに注目するのではなく、本来一番見ていただきたいのがその会社の「ホームページ全体」です。
作りっぱなしではなくきちんと定期的に更新されているのか、情報は常に最新で十分に掲載されているのか、誰が見ても分かりやすいホームページになっているのか、などに気をつけながら見てみてください。
本当に信頼しても良い制作会社かどうか迷った時は、ホームページをきちんと見てから判断しましょう。
まとめ
いかがだったでしょうか?
本記事では「制作会社を選ぶ前に決めておきたいポイント」について解説してきました。これからホームページを作ろうと考えている方、ホームページの制作会社を探している方などは是非参考に