電気自動車の使用者いなくても、資産価値向上のために充電器導入する管理組合。今ならほとんど費用負担ゼロで導入できるため!電気自動車販売100%を見据えた管理組合の長期的戦略

コンテンツ
写真・動画
東京都の、とある管理組合は昨年10月、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車の普通充電器を導入しました。
国や東京都の補助金を利用したため、導入費用は消費税、付帯工事費など50万円程度ですんだそうです。
しかし、肝心のEV、PHEV車に乗る人はマンションには一人もおらず、正直ダレトク?という気がするでしょう。