AWSで作成したサーバーをWebサーバーにする際のポイント(2020年11月版)

記事
IT・テクノロジー

【はじめに】

 お勧めのポイント:前編と後編に分けて、AWSでWebサーバーを作成する際のポイントを解説します。

「AWSでサーバーを作成して接続するためのポイント(前編)」
「AWSで作成したサーバーをWebサーバーにする際のポイント(後編)」

 Webサーバーを作成する必要はなく、とりあえず、サーバーを作成して、接続までということでしたら、前編と後編を合わせて全体の(5)までの工程のなかで、(2)まで、つまり前編までの内容でOKです。

 実態として、重い作業は、前編の、特にサーバーへの接続の箇所です。
 ここのところ、企業の情報システム部門の方々から、クラウドサービスやAWS、Azureなどに関しての質問を受けることが多くなってきました。

 Webの投稿記事などでも、AWSの使い方やサーバーの作成方法を見ることができますが、実態としては、システムに詳しい方向けに書かれたものが多いようです。

 本稿では、システムにそれほど詳しくない方でも、前編と後編を通じて、AWSでWebサーバーを作成して、ドメイン名を紐付けして、WebサーバーとしてWebサイトを見せることができるまでの手順を解説していきます。

 多くの方がトライできるように、AWSの無料利用枠を前提に解説します。

 なお、AWSのオンラインマニュアルでも紹介されている最も易しい方法で進めていきます。
 オンラインマニュアルに記載されているなかでも、易しい方法を選択する、できるだけコマンドは使わない、さらにftpも使わずに、この後に解説する、リモートログオンソフトと、それに連携したSSHクライアントアプリを利用します。

 上記の2つのソフトウェアで、ファイルの転送もできることから、ftp機能をインストールする必要がないので、工程を1つ削減することができます。
 この後の、□印はチェックポイントとしてお使いください。
 本稿は2020年11月現在のAWSのシステムをもとにしています。
 時期によっては、工程や手順が変更されて参考とならない可能性もありえますことを、あらかじめご認識ください。
□--------------------

【工程】

 サーバーの作成に始まる全体の工程は前編を参照してください。
 なお、前編でサーバーが作成されて、接続ができていることから
後編では、以下の内容がメインとなります。

・OSの最新化とApacheのインストール
・Elastic IPの割り当て
・コンテンツのアップロードに向けて

□--------------------

【重要なポイント】

 前編と同様の2点ですので、こちらも参照願います。
 本稿はチェックリストとしても利用できますが、掲載許可の関係上、AWSの画面コピーはありません。
 また、AWSのWebサイトからそのままコピーした文章もありません。
 要点や注意点に絞ってまとめている点は、あらかじめご了承ください。
□--------------------

【留意点】

ユーザーの立場で目にしていただくものとして、本稿とオンラインマニュアルのほかには以下があります。
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:3,015文字
AWSで作成したサーバーをWebサー... 記事
IT・テクノロジー
500円