経費を上手に活用して節税する手法を教えます

元・国税調査官が語った【合法的に経費を増やすコツ】

評価
3.0 (1)
販売実績
3
残り
20枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数
    3日(予定)
    初回返答時間
    3時間以内(実績)
経費を上手に活用して節税する手法を教えます 元・国税調査官が語った【合法的に経費を増やすコツ】 イメージ1
経費を上手に活用して節税する手法を教えます 元・国税調査官が語った【合法的に経費を増やすコツ】 イメージ1
経費を上手に活用して節税する手法を教えます 元・国税調査官が語った【合法的に経費を増やすコツ】 イメージ2
経費を上手に活用して節税する手法を教えます 元・国税調査官が語った【合法的に経費を増やすコツ】 イメージ3

サービス内容

こちらは個人経営者(個人事業主や法人)が確定申告にて 節税するためのマル秘テクニックになります。 せっかく稼いだお金を税金として国から巻き上げられるのは 嫌ですよね。ここでは元国税調査官から教えてもらった 「あらゆるものを経費にする方法」を解説します。 この事を知れば経費にできるものが 増える可能性が高まることでしょう。 経費が増えれば利益計上が減るので、 所得が減って税金が減ります。 とうぜん、経費を増やすことができれば 手元に残るお金は増えますよね。 このレポートをヒントに合法的に節税していきましょう。 ■まずは所得税の速算表をご覧下さい。 課税される所得金額    税率   控除額 195万円~330万円以下  10%   97,500円 330万円~695万円以下   20%   427,500円 695万円~900万円以下 23%   636,000円 900万円~1,800万円以下 33% 1,536,000円 1,800万円~4,000万円以下 40% 2,796,000円 4,000万円超        45% 4,796,000円 経費を引いた所得金額が350万円だった場合、 税率は20%なので350×0.2=70で、 税金の支払いは70万円です。 ここで経費を30万円多く作れれば、 所得は320万円になり税率は10%となります。 すると320×0.1=32で、税金の支払いは32万円になり 38万円多く手元に残るのです。 経費を増やした効果が如実に表れていますよね。 (実際にはが復興特別所得税や住民税などが   加わりますが解りやすく簡素化しています) ■この情報を知っておくメリット なんの世界でもそうですが「知ってる人が得をして、 知らない人が損をします」「知ってるか知らないか」 で税金の額は大きな差にることがあります。 このレポートで知ったことを活かせば、 手元に残るお金が増え、事業にゆとりが出てくる可能性は、 高まるでしょうし、逆に知らないままだったら利益の多く を国に搾取され続けてるかもしれません。

購入にあたってのお願い

■当レポートでは次のようなステップで進めていきます。 ステップ1:一般的かつ基本的な経費についておさらいします。 ステップ2:意外なものを経費として計上する具体例10個とその方法について ステップ3:様々なものを経費として計上するステップとまとめ ステップ4:経費に対しての極意と注意事項 おまけ特典:住宅購入は個人と法人どちらが得か 節税に関する行動は日頃からやっておこことが大事です。 申告時期に慌てて資料などを集めたり計算したりするとミスにつながる上、 経費についても冷静に対処できなくなります。 今からでもすぐに取り組まれることをお勧めします。