サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽

独立、起業その前に!サラリーマンメリット説明します

脱サラしたい方、起業に興味ある方、小規模事業を運営中の方など

4.73 販売実績:3 残り:5枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数 1日(予定) / 1日以内(実績)
    業種
    • 製造業
    • 小売・飲食・生活
    • IT・テクノロジー
    • 建設・不動産
    • その他
    職種
    • 経営者・経営企画・経営戦略
    • 経理・財務・IR
    • 営業・接客

サービス内容

あなたはサラリーマンから個人事業主になった時
税金や社会保険料の負担がどれくらいになるかご存知ですか?

今回は
・サラリーマンで年収500万だった場合
・自営業で年収500万だった場合(売上1500万、原価1000万)

の2つで比べた資料で説明します。

「自営業はサラリーマンの倍稼がないといけない」
「自営業は保育料が高い」

の秘密に迫ります。
内容としてはグラフだけなので、比較的簡単には作っているつもりです。

・税金も多く払う、もらえる年金は少ない。それが自営業

と言う事が分かってもらえれば幸いです。

サラリーマンの給料と同じだけ利益が出そうだからと見切り発車
して資金が足らず、払う税金、社会保険料が多くて廃業してしまう
という結果になる方が後を絶ちません。

・個人事業税
・消費税
など自営業者だからかかる税金も多くあります。

でも、若くして年収2000万円など夢があるのもまた自営業。
総合的に考えるきっかけになれば幸いです。


※数字はざっくり傾向を把握するためのもので正確なものではありません。当サービスはいかなる補償も致しませんのであらかじめご了承ください。
消費税課税事業者かによって、や社会保険料納付額によって大きくズレる可能性もあります。
ただ、雰囲気はわかってもらえると思います。
必要であれば、この数字を元に税理士にアドバイスを受けるなどという使い方をしてみてください☆

※税についての一般的な知識であり、個別具体的な税の相談には乗れません。

すべて読む

購入にあたってのお願い

あくまでも概算であり、正確ではないので予めご了承ください。

2018年時点などで計算させるようにしています。

ただ、全国で激しく差があるものでもないので
参考にはなると思います。そのための計算です。

※税についての一般的な知識であり、個別具体的な税の相談には乗れません。

まず、比較グラフなど資料を送ります。

すべて読む

評価・感想(3件) 4.7

サービス内容/提案のわかりやすさ
 
コミュニケーション
 
読み込んでいます...

関連サービス