サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す
この出品者は最終ログインから時間が経っています。

民泊新法「上限規制を一撃回避」する具体策を教えます

■180日以上でも継続営業が可能!マンスリー運用は無用です■

販売実績:0 残り:2枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    ビデオチャット

サービス内容

このセミナーでは、 ズバリ「上限規制を一撃で回避するための実務手順について直伝します。
これにより民泊でも継続運用でき、特区民泊以上の運用が可能です。
収益不確定なマンスリー運用も無用です。*再現性100%

■ 時間内に提供できること

上限規制を回避する具体的な実務手順が分かります。
そしてその実務における「一撃」の意味を理解できます。

また、以下のご興味あるトピックスについて解説します。

・マンスリー運用を勧めない理由
・ヤミ民泊の現状と背景
・ダメな「自称系民泊コンサルタント・民泊専門家」の見分け方
・業界をマクロで語る専門家と運用物件でミクロで語る事業者系コンサルタントに類似する点


■ 経験・実績・スキル

日本で最初に「民泊でも180日以上の営業は可能です」と言い切りました。
いまの民泊コンサルタントには、2種類しかありません。
「上限規制を回避する方法」を知っているか。知らないか。の2種類です。

シェアリングサービス事業を、25~30年前に経営していた実績があります。
主に乗物系でヘリコプターや大型クルーザーなどを運航させていました。
 
民泊も、シェアリングサービスの1カテゴリーということで、異業種ではありますが、現場の実務経験者でしか習得しえない知恵の産物から、民泊の上限規制を回避できる方法が1つだけあることに気付きました。

■ こんな人・事業者におすすめ

・富裕層相手の営業職で、話のタネがほしい。
・民泊運用だけを継続できる方法を探していた。
・所有物件で民泊をしたいが、利回り予想ができなかった。
・マンスリーは、収益予測ができないのでやりたくない。
・簡易宿所に変更を検討しているところ。
・民泊事業者、業界関係者、士業の先生


■ 当日の流れとスケジュール

1. 挨拶
2. 現状をヒアリング
3. レクチャー
4. 個別の質問に回答・アドバイス
5. 情報の取り扱い関する注意事項について
6. 解散


■ 調整可能な曜日・時間帯

・平日19時以降  *2週間前で、10:00~ 、14:00~ 
・土曜日/日曜日 13時から18時

すべて読む

購入にあたってのお願い

・当日のお申し込みはご遠慮願います。
・2週間前後の余裕を持った日時でお申し込みください。
・購入申込時に第三希望まで日時をお知らせください。

すべて読む

関連サービス