サービスを探す

あなたの文章を「売れる」「響く」文に添削します

ターゲット(読み手)を明確にし確実に響く文章をご提案します

5.08件) 販売実績:8
現在お願い中:0 残り受付枠:3 お届けまで:9日(予定)/約10日(平均実績)
2,000

60ポイント(3%)獲得

この出品者は最終ログインから時間が経っています。

サービス内容

ブログ、SNS、メルマガ、商品紹介、プレスリリース、セミナー集客、イベント告知 etc...ビジネス文章を添削・改善し、確実にターゲットに「刺さる」文章に添削いたします。

文章が苦手な方、自分の文章のどこを改善すればいいのかわからない方、もっと伝わる文章を書きたい方、商品・サービスの訴求力をアップさせたい方、もっと売り上げを上げたい方、自分の文章について客観的なアドバイスが欲しい方、そんなあなたの文章を添削し、改善点をご提案します。

20年以上プロの編集者として原稿に手直しを入れてきた担当者があなたの文章を添削し、どこに出しても恥ずかしくない、誰が読んでも伝わる完成度の高い文章にするアドバイスをします。

また、「あなたの文章の傾向」「改善すればもっとよくなる点」もお知らせしますので、
本質的な文章力アップにもつながります。

【1000文字まで、3000円で添削いたします】


有料オプション

このサービスには、2,000円のサービスに、プラスして「有料オプション」サービスが
付いています。
※購入したサービスがキャンセルになった場合は全額返金させて頂きます。

購入にあたってのお願い

Word、またはGoogleドキュメントのファイルをお送りください。

■ご送付の際、以下の3点を明記してください。
1.何のための文章で、どこに掲載(Web、メルマガ、チラシなど)するのか
2.読み手・ターゲットはどんな人か(性別、年代、職業、特徴など)
3.文章でお悩みの点はどこか(なぜ文章添削が必要だと思ったのか)

■添削の流れ
①原稿を拝見し、修正したらもっとよくなる箇所に修正案をご提案します。
②平日7日以内(週末を含めると9日程度)に添削したものをご返信します。
③以下2点も一緒にお伝えします。
 「あなたの文章の傾向」
 「改善すればもっとよくなる点」

■こんな文章は添削できません
・試験用の作文、論文、卒論など、他人の力を借りては不当になるもの
・読み手がはっきりしない文章(文章は読み手によって書き方が変わりますので添削できません)

一言PR

本の編集歴20年以上です。プロのライターさんや本の著者さん・執筆者さんたちが書いた文章を修正し、より読みやすく伝わる文章に磨いてきました。もしかしたら一般の方には辛口の添削になるかもしれません。添削されてショックを受ける方はご遠慮いただけますようお願いいたします。

よくある質問

添削はどのような形でするのですか?
1)まず、文章をWordもしくはGoogleドキュメントでお送りいただきます。
両者に「コメント」という機能がありますので、文章中の修正をしたい部分にコメントを付けていきます。

2)原稿を拝見し、文面によってはより詳しい内容や
具体的なターゲットについてお伺いさせていただきます。

3)質問が終了後、平日7日(土日祭日はお休みをいただいております)で添削したWordもしくはGoogleドキュメントをお返しします。
イメージとしましては、文章中の直せばよりよくなる箇所に吹き出しのコメントで、「ここはこう書いた方が一層読み手に刺さります」といったアドバイスが付く、とご理解いただければと思います。
「ターゲット(読み手)」がよくわからないのですが?
ビジネスの場合、「売りたい相手」「こんな人に買ってもらいたい」という対象がいると思いますので、それを教えてください。

もしよくわからない場合は、「こういったことに悩んでいる〇歳代くらいの女性/男性」といったものでも構いません。

わかる範囲で構いませんのでターゲットを教えていただければ、私の方からいくつか質問をさせていただくことで、ターゲット像をより明確にしていくことができます。
原稿の文字数の数え方がわからないのですが?
Office Wordの機能で調べる方法と、ウェブサイトで調べる方法の2つがあります。

☆Office Wordの機能で調べる場合
①文字数を数えたい部分の原稿を範囲指定する
②タブの「校閲」→「文字カウント」→「文字数(スペースを含めない)」に表示される数字が、指定範囲部分の文字数になります。

☆ウェブサイトで調べる場合
http://phonypianist.sakura.ne.jp/convenienttool/strcount.html
編集者って何ですか? ライターさんとどう違うのですか?
編集者は、本1冊や雑誌の特集などを「編集する」人です。「編集」とは、本1冊全体や雑誌の特集全体を考えて、どんな構成内容にするのか、誰にインタビューをしてどんな話をしてもらうのか、といった具体的な構成を決めます。

決めた内容で原稿を書いてもらうのがライターさんです。その企画が誰かをインタビューをするものでしたらライターさんと一緒にインタビューに行ったりします。ライターさんは文章を「書く」プロですので、インタビューした内容を指定の文字数でまとめてきます。

編集者は、それを読み手に合わせて刺さる表現に変えたり、読者の年代によって響く表現にしたり、よりわかりやすくするために画像を選んだり、といった作業をします。編集者は文章を「読み手に伝わりやすく直す」プロです。「誰に向けての文章なのか」「何を一番伝えたいのか」を念頭に置き、文章を最も伝わりやすい状態に仕上げるのが仕事です。
添削を受けて、それを修正したものを再度見てもらえますか? 何度まで可能ですか?
こちらから修正のご提案をしますので、それを反映させた原稿を再度ご提出いただければ拝見いたします。回数は特に決めておりませんが、1〜3回程度とお考えいただけたらと思います。
原稿の添付の仕方がわかりません。
WordやGoogleドキュメントの添付方法です。

パソコンの場合:
トークルームの画面の一番下にある
「ファイルを添付する」をクリックすると
原稿を添付することができます。

coconalaヘルプによりますと、
スマホで添付できるのは画像データのみのようですので、
原稿のWordまたはGoogleドキュメントを添付するには
パソコンから上記の方法で添付していただく必要があるようです。

評価・感想(8件) 5.0

コミュニケーション
  サービスの説明
 
読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス