現役プロライターがプレスリリースを【添削】します

選ぶ側だからメディアに「ささる」ポイントがわかる!

評価
-
販売実績
1
残り
3枠 / お願い中:0
現役プロライターがプレスリリースを【添削】します 選ぶ側だからメディアに「ささる」ポイントがわかる! イメージ1
提供形式 ビデオチャット打ち合わせ可能
企画・構成
リサーチ
SEO対応
写真・画像選定
グラフ作成
無料修正回数
1回
お届け日数
3日(予定)
初回返答時間
2時間以内(実績)
業種
言語
現役プロライターがプレスリリースを【添削】します 選ぶ側だからメディアに「ささる」ポイントがわかる! イメージ1
現役プロライターがプレスリリースを【添削】します 選ぶ側だからメディアに「ささる」ポイントがわかる! イメージ1

サービス内容

■現役プロライターがプレスリリースづくりをサポート! 「プレスリリースを一生懸命書いているけど、なかなか記事掲載や取材につながらない……」 そんなあなたのプレスリリースを、記事掲載や取材につながるよう、大手PR会社のプレスリリースセミナー講師も務めるプロライターが添削します。 なぜ記事掲載や取材につながらないか? それはリリースがメディアにささっていないからです。 担当者は有名メディアで長年執筆するキャリア20年以上のベテランライター。何百通というプレスリリースに毎日接し、それを選ぶ人間なので「何が面白いのか」という、ささるポイントが分かります。 ■作成より手頃なのに見違える「添削」はコスパ最強! ですので、ただ単に文章を整える、作成するという他のプレスリリース添削・作成サービスとは一線を画します。別途作成サービスもございますが、より手頃な「添削」を受けるだけで、見違えるほどの効果が実感できますし、プレスリリースを書く力も身につきます。 ■メディア視点でのフィードバックや修正案の提案が受けられます 添削するだけでなく、なぜ間違っているのか、どうすれば良くなるのかといったフィードバックや具体的な修正案なども合わせてご提示います。 ■そのまま記事掲載につながることも⁉ 担当者は現役のプロライターなので、添削したリリースの内容によっては、取材をお願いするかもしれません。 ★添削例 〜とある医療テック会社様のプレスリリースのタイトル〜 【添削前】 排卵日共有率は8割! 共有方法に男女で差 ふたりのベストタイミングは? 〜妊活中男性はカレンダーやアプリでの共有が女性の1.5倍〜 解説>よく考えられていますが、メインタイトルはワードが並列的で躍動感がありません。サブタイトルは事実を紹介しているだけで「それが意味すること」=ニュース価値を伝えきれていません。 【添削後】 『排卵日共有率』は8割! ただし共有方法は男女に差あり ふたりの“ベストタイミング”は? 〜男性はカレンダーやアプリ使用が女性の2.5倍で“妊活テック”に頼る傾向〜 解説>『』””などカッコを活用することでメリハリを、but(しかし、ただし)の接続語を使うことでドラマ性を、テックという流行語で時代性を演出できます。 あらゆるジャンルに対応可能! お気軽にご相談下さい。

購入にあたってのお願い

(サービスの流れ) ●ご自身が作られたプレスリリース(WordかPDF)をダイレクトメッセージでお送り下さい。 ↓ ●ご提出いただいたプレスリリースを添削します。 ↓ ●Wordの場合は修正箇所をコメントにて、PDFの場合は書面に直接朱字を入れる形で、フィードバックと具体的な修正案を記入したものをお戻しします。 ↓ ●ご希望であれば、それを元にお客様の方で書き直したものを、もう一度添削します。(つまり添削対応は最大2回までとなります)。 ※作業日数は、受付日から最大中3営業日をちょうだいします。(例えば月曜日に受付けた場合は金曜日の納品。水曜日に受け付けた場合は翌週火曜日となります。担当者の本業の状況によってそれより早く納品できる場合もありますが、お急ぎの場合はオプションをご購入下さい。 ※メディア掲載は確約できるものではありません。 ※内容が公序良俗に違反するものだと当方が判断した場合、依頼をお断りする場合があります。

有料オプション