サービスを探す

あなたの文章を内容は変えず文字数だけを2倍にします

読書感想文・小論文・レポートで字数を稼ぎたいアナタに!

販売実績:0
現在お願い中:0 残り受付枠:5 お届けまで:2日(予定)
500

5ポイント(1%)獲得

この出品者は最終ログインから時間が経っています。

サービス内容

【概要】
「字数が稼げない!」
宿題や課題などで文章を書く際に、こういう悩みを持つ人は多いでしょう。
だけど、誰かに代筆を頼んだりすると自分の発想にないことまで書かれちゃって、ズルをしたのがバレそうだし……

そんな悩みを抱えるアナタのために、内容はなるべく保った上で、表現や説明の仕方を変えることにより文字数だけを増やしてみせます!
どうやって文字数を増やすのか? という具体例は、ページ下のサンプルをご覧ください。

【料金】
500字→1000字のリライトに対し500円となります。

サービスのサンプルがご覧いただけます。
サンプルをすべて見る
サンプルをすべて閉じる
トークルームでの回答サンプル(1)

吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。(69文字)

吾輩は猫である。ただの猫であるから、世の人間どもが当然の如く持っている名前などという立派なものは吾輩にはない。それどころか、どこで生まれたのかさえまるで見当がつかないのである。強いて言えば、薄暗いじめじめした場所でニャーニャー等と泣いていた程度の事なら記憶の片隅に残っている。(138文字)

トークルームでの回答サンプル(2)

メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。メロスには政治がわからぬ。メロスは、村の牧人である。笛を吹き、羊と遊んで暮して来た。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。(101字)

メロスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐ぶりを民衆に振るい続ける王を治世の舞台から除かなければならぬ、という決意を固めたのである。ところで、メロスは政治の知識など一切持っていない。メロスは村の牧人であり、笛を吹き、羊と遊んだりしてのどかに暮らしていた。だから、政治などという小難しいことを意識する機会はなかったのである。それでも、メロスは邪悪に対して人一倍に敏感であったからこそ、王に憤りを覚えたのであった。(202字)

購入にあたってのお願い

・元となる文章をご用意ください。文章をゼロから作成するというサービスではありませんのでご注意ください。

・タイトルでは"2倍にする"と書いていますが、2倍未満への引き伸ばしも勿論OKです!
(例) 500字を原稿用紙2枚分(800字)に引き伸ばす

・文体は元の文章に合わせますが、特に指定したいことがある場合は別途お伝えください。
(例) 小学生の読書感想文なのであまり難しい表現は使わないで欲しい

・場合によってはやむを得ず多少の付け足しを行うかもしれませんが、元の文章から大きく外れた内容を加えることはありませんのでご安心ください。

・あまりに専門的・学術的な文章の場合は依頼をお受けできない可能性がありますので、事前にご相談ください。

一言PR

大学時代に、後輩のレポートをリライトし規定文字数まで引き伸ばす手助けを何度かやったことがあり、「もしかしたらこういうサービスを必要とする人がもっといるかも?」と思い出品してみました!

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス